Recent Publications

Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing

“Controlling the Circadian Clock with High Temporal Resolution through Photodosing”

Dusǎn Kolarski, Akiko Sugiyama, Ghislain Breton, Christin Rakers, Daisuke Ono, Albert Schulte, Florence Tama, Kenichiro Itami, Wiktor Szymanski,Tsuyoshi Hirota and Ben L. Feringa

J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 15784-15791.  DOI: 10.1021/jacs.9b05445

名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)の廣田 毅 特任准教授、Florence Tama 教授、オランダ・グローニンゲン大学の Ben Feringa 教授、本学環境医学研究所の 小野 大輔 助教らと共同で、 光に応答して活性化する化合物を開発し、哺乳類の培養細胞やゼブラフィッシュにおいて概日リズムのスピードを精密に調節することに成功しました。
今回の発見により、概 日時計のメカニズムの解明と疾患治療に向けた応用に新たな道が拓けると期待されます。

プレスリリース:http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20191009_itbm1.pdf

関連記事

  1. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  2. C-H Activation Enables Rapid Str…
  3. Macrocyclization by Rh-Catalyzed…
  4. Dragmacidin D Synthesis of Dragmacidin D via D…
  5. Key Structural Elements of Unsym…
  6. Size-Selective Complexation and …
  7. Exciton Recombination Dynamics i…
  8. Synthesis and Structure of a Pro…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP