ブログ

Structurally uniform and atomically precise carbon nanostructures

 

Yasutomo Segawa, Hideto Ito, and Kenichiro Itami

Nat. Rev. Mater. 2016, 1, 15002. DOI: 10.1038/natrevmats.2015.2

カーボンナノチューブやグラフェンといったナノカーボンを、ボトムアップ的な手法を用いて精密に合成する研究が近年盛んに行われている。本総説論文では、有機合成化学をもとにしたナノカーボン合成研究を紹介する。

 

 

関連記事

  1. Regioselective Unsymmetrical Tet…
  2. C-H Arylation of Phenanthrene wi…
  3. Decarbonylative organoboron cros…
  4. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  5. Stepwise Generation of Mono-, Di…
  6. Oxidative C–H/C–H Coupling of Az…
  7. Synthesis of Triarylpyridines in…
  8. Palladium-catalyzed tetraallylat…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP