Member

八木 亜樹子助教

Name

八木亜樹子

Mail Address

yagi.akiko at d.mbox.nagoya-u.ac.jp

Research Interest

Coming soon!!

Comment

伊丹研を、そして日本の化学を盛り上げる!という意気込みで頑張ります。

Education and Experience

2011年3月 名古屋大学理学部化学科 卒業(伊丹健一郎教授)

2013年3月   名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士前期課程修了(伊丹健一郎教授)

2012年4月~2012年5月 国立台湾大学 留学(Prof. Ken-Tsung Wong)

2013年4月~2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

2013年4月~2013年7月   カナダ クイーンズ大学 留学(Prof. Cathleen M. Crudden)

2016年3月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士後期課程修了(伊丹健一郎教授、博士(理学)取得)

2016年4月~2017年2月 米国スクリプス研究所化学科 日本学術振興会 海外特別研究員 (Prof. Ryan A. Shenvi)

2017年3月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)物質科学国際研究センター助教 (伊丹健一郎教授)

Publication

(1) “Synthesis and Properties of [9]Cyclo-1,4-naphthylene: A p-Extended Carbon Nanoring”

Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 2962.

(2) “Synthesis and Properties of Cycloparaphenylene-2,7-pyrenylene: A Pyrene-containing Carbon Nanoring”

Akiko Yagi, Gandikota Venkataramana, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami Chem. Commun. 2014, 50, 957.

(3) “Design and Synthesis of Carbon Nanotube Segments”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Katsuma Matsui, and Kenichiro Itami. Angew. Chem., Int. Ed. 2016, 55, 5136.

(4) “A Theoretical Study on the Strain Energy of Carbon Nanobelts”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Hideto Ito, and Kenichiro Itami Org. Lett. 2016, 18, 1430.

(5) “Chemical Synthesis of Cycloparaphenylenes”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Kenichiro Itami Chemistry of Carbon Nanostructures (Eds. K. Müllen, X. Feng), De Gruyter, 2016

(6) “Simple, direct methods for formation of self-assembled N-heterocyclic carbene monolayers on gold and their application in bio-sensing”

Cathleen M. Crudden, J. Hugh Horton, Mina R. Narouz, Zhijun Li, Christene A. Smith, Kim Munro, Christopher J. Baddeley, Christian R. Larrea, Benedict Drevniok, Bheeshmon Thanabalasingam, Alastair B. McLean, Olena V. Zenkina, Iraklii I. Ebralidze, Zhe She, Heinz-Bernhard Kraatz, Nicholas J. Mosey, Lisa N. Saunders, Akiko Yagi Nature Communications, 2016, 7, 12654.

(7) ”Synthesis and Properties of [8]-, [10]-, [12]-, and [16]Cyclo-1,4-naphthylenes”

Keishu Okada, Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami Chem. Sci. 2017, 8, 661.

(8) “Branch-Selective Hydroarylation: Iodoarene–Olefin Cross-Coupling”

Samantha A. Green, Jeishla L. M. Matos, Akiko Yagi, Ryan A. Shenvi J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 12779.

Research Presentation

International Symposiums

(1) “Synthesis and Properties of Cyclonaphthylenes”

Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

The 10th Joint Seminar University of Münster – Nagoya University, Oct 3, 2011, Nagoya, Japan. (Poster)

(2) “Synthesis and Properties of Cyclonaphthylenes”

Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

The 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds – National Taiwan University, Aug 2, 2013, Taipei, Taiwan. (Poster)

(3) “Synthesis and Properties of -Extended Carbon Nanorings”

Akiko Yagi, Gandikota Venkataramana, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014), Royton Sapporo, Jul 16, 2014, Hokkaido, Japan. (Poster)

(4) “Synthesis of Carbon Nanobelt from Naphthalene”

Akiko Yagi, Keishu Okada, Hiroshi Ueno, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

The 16th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-16), July, 2015. Madrid, Spain. (Poster)

Domestic Symposiums

(1) 八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『シクロナフチレンの合成と性質』

日本化学会第91春季年会 神奈川大学 神奈川 2011年3月28日(口頭)

(2) 八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『シクロナフチレンの合成と性質』

第43回 構造有機若手の会 広島 2011年8月4日(ポスター)

(3) 八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『シクロナフチレンの合成と性質』

第22回 基礎有機化学討論会 つくば 2011年9月22日(ポスター)

(4) 八木亜樹子

『分子として表せるカーボンナノチューブ:カーボンナノベルトの合成』

名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム 名古屋大学 2011年11月26日(ポスター)

(5) 八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『[9]シクロ-1,4-ナフチレンの合成、構造、及び光物性』

日本化学会第92春季年会 慶応義塾大学 神奈川 2012年3月25日(口頭)

(6) 八木亜樹子、Venkataramana Gandikota、瀬川泰知、伊丹健一郎

『ピレンを含むカーボンナノリングの合成』

日本化学会第93春季年会 1A2-33 立命館大学 滋賀 2013年3月26日(口頭)

(7) 八木亜樹子、Venkataramana Gandikota、瀬川泰知、伊丹健一郎

“Synthesis and Properties of -Extended Carbon Nanorings”

第47回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 3P-13 名古屋大学 名古屋 2014年9月5日(ポスター)

(8) 岡田圭秀、八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

“Synthesis of [10]- and [15]Cyclonaphthylenes”

第10回有機元素化学セミナー P-18 京都大学 化学研究所 宇治キャンパス 京都 2015年6月8日(ポスター)

(9) 八木亜樹子、岡田圭秀、上野裕、瀬川泰知、伊丹健一郎

“Size-dependent Properties and Reactivities of Cyclonaphthylenes”

第26回 基礎有機化学討論会 愛媛 2015年9月24日(ポスター)

(10) 岡田圭秀、八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『様々なサイズのシクロ-1,4-ナフチレンの合成および性質』

日本化学会 第96春季年会 1F1-12 同志社大学 京田辺キャンパス 京都府 2016年3月24日 (口頭)

(11) 岡田圭秀、八木亜樹子、瀬川泰知、伊丹健一郎

『シクロナフチレン類の構造的性質』

第27回基礎有機化学討論会 1P096 広島国際会議場 広島 2016年9月1日 (ポスター)

Invited Lectures

八木亜樹子

『私の歩んできた道』

福島県立会津学鳳中高等学校スーパーサイエンスハイスクール招待講演、福島県立会津学鳳中高等学校、福島、2014年12月

Awards

(1) 第22回 基礎有機化学討論会 ポスター賞

(2) 名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム 総長賞

(3) The 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds Poster Award

(4) 第9回ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞

(5) 第26回 基礎有機化学討論会 ポスター賞

(6) 名古屋大学博士課程教育リーディング大学院リサーチアシスタント選出 2012年2月~2013年3月

(7) 独立行政法人日本学術振興会特別研究員(DC1)選出 2013年4月~2016年3月

(8) 第6回大津会議フェロー選出(大津会議No.091)

(9) 独立行政法人日本学術振興会海外特別研究員(平成28年度)選出 2016年4月~2017年2月

(10) 第33回井上研究奨励賞

 

 

 

Our Member

  1. 朝魯門
  2. Yuanming Li
  3. 宮内 紗久良

    よろしくおねがいします!

  4. 松原 聡志

    そろそろ鬼ですかねぇ。よろしくおねがいします!

  5. 藤木 秀成

    よろしくおねがいします!

  6. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  7. 加藤 里佳

    モニカと呼んでください!

  8. 上田 彩果

    よろしくおねがいします!

  9. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!

  10. 八木 亜樹子

    助教として戻ってきました。好きなものはラーメン。昭和区。

  11. Gregory Perry
  12. Letitia Sarah

    にほんごのプロ

  13. 北野 浩之

    よろしくお願いします。

  14. 榊原 陽太

    好青年

  15. 眞下 恵奈

    M1。飼っているネコの名前はルドルフ。

  16. 川井 一矢

    癒し系

  17. 平賀 大都

    たまに救急車で運ばれます。

  18. 戸谷 充寿

    理農館のスポーツ王

  19. Yip Shu Jan (Alicia)

    M1。G30プログラム。いつもお腹空いてます。

  20. 松岡 和

    なんでもできるひとになりたい

  21. 林 和佳菜

    最近身長が伸びました。

  22. 鈴木 惇平

    M2。寝てません。年に2回だけ輝けます⚾。今年は楽天が強くてうれしい。

  23. 古賀 義人

    のりしお

  24. 熊澤 一将

    M1。帰国子女なので英語が堪能。NBAとラーメン大好き。

  25. 伊藤 江里

    のんびりM2。

  26. 山田 遼太郎

    もちもちの D1。目指せ脱もちもち!

  27. 矢野 裕太

    D1。理農館5Fでグラフェン矢野リボンの研究をしています。

  28. Guillaume Povie
  29. 伏見 雅子
  30. 山田 柊哉

    ITbM5階 D1 ひたすら頑張るのみ!

  31. 柴田 万織

    声が大きいです。柴犬を飼っています。

  32. 村上 慧

    特任准教授になりました 

  33. 吉村 柾彦

    D3 ヨシムラクトンの中の人。スイスイスイスーーイスイ

  34. 山下 隼

    D2 進撃のやましゅん

  35. 加藤 健太

    汁汁味汁

  36. 大島 豪

    D2 時計ぐるぐるぐるー

  37. 萩原 伸也

    准教授 ソフトボールのピッチャーになるべく練習中

  38. 瀧瀬 瞭介

    D3。最近はジンジャーハイが好き。研究室最後の1年も飲むぞ!

  39. 鈴木 真

    ベンゼン環たくさんくっつけます!

  40. 齋藤 雄太朗

    伊丹研屈指のスラッガー

  41. 伊藤 英人

    講師。アルキンとカメラが大好き。最近カメラ用デシケーターを買いました。伊丹研の綺麗な写真は僕がとってます。

  42. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP