ブログ

Late-Stage C-H Bond Arylation of Spirocyclic s1 Ligands for Analysis of Complementary s1 Receptor Surface

Christina Meyer, Dirk Schepmann, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, Bernhard Wünsch, and Kenichiro Itami

Eur. J. Org. Chem. 2012, Early View. DOI: 10.1002/ejoc.201200837


多様なスピロ環を有するアリールチオフェン化合物を我々が開発した触媒系PdCl2/bipy/Ag2CO3とPdCl2/P[OCH(CF3)2]3/Ag2CO3を用いて合成した。その結果、これまでにないσ受容体への親和性を有するスピロ環を有するアリールチオフェン化合物を創製する事に成功した。

関連記事

  1. Exploitation of an additional hy…
  2. Decarbonylative organoboron cros…
  3. Palladium-catalyzed direct pheny…
  4. η6-Cycloparaphenylene Transition…
  5. Synthesis of Natural Products an…
  6. Rapid Access to Nanographenes an…
  7. The 1,1-Carboboration of Bis(alk…
  8. Ultra-narrow-band near-infrared …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP