ブログ

Topologically Unique Molecular Nanocarbons

Yasutomo Segawa, David R. Levine, and Kenichiro Itami

Acc. Chem. Res. 2019, DOI: 10.1021/acs.accounts.9b00402

ナノカーボンの部分構造をもつ分子である「分子ナノカーボン」の科学が近年盛んに研究され、新たな合成法に基づいた新規化合物が数多く報告されている。本論文では、その中でも「トポロジー」の観点から、我々が最近報告した分子ナノカーボンを紹介する。トポロジーの基本であるリングに始まり、ベルト、ケージ、カテナン、ノットといった、より複雑なトポロジーをもつ分子へと発展させることに成功している。

関連記事

  1. Nickel-Catalyzed α-Arylation of …
  2. Decarbonylative organoboron cros…
  3. Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Fun…
  4. η6-Cycloparaphenylene Transition…
  5. 『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成
  6. メチレン架橋[6]シクロナフチレンの合成と性質
  7. Synthesis, Structure, and Electr…
  8. Theoretical Elucidation of Poten…

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP