ブログ

Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Functionalization of Spirocyclic σ1 Ligands: Generation of a Pharmacophore Model and Analysis of the Reverse Binding Mode by Docking into a 3D Homology Model of the σ1 Receptor

Christina Meyer, Dirk Schepmann, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, Valentina Dal Col, Erik Laurini, Kenichiro Itami, Sabrina Pricl, and Bernhard Wünsch

J. Med. Chem. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/jm300894h


σ1受容体として有効な化合物を探索した結果、スピロ環を有するアリールチオフェン骨格がσ1受容体として優れていることが明らかとなっている。今回我々が開発したC5位およびC4位選択的チオフェンのアリール化反応を用いた、最終段階での直接アリール化反応にを駆使する事でより幅広く誘導体を合成した。また、計算化学の観点より、アリール基の位置やチオフェンのS原子の位置によるσ1受容体との親和性の傾向を示す事ができた。

関連記事

  1. Synthesis of Multiply Arylated P…
  2. β-Selective C–H Arylation of Pyr…
  3. Flexible Reaction Pocket on Bulk…
  4. Programmed Synthesis of Arylthia…
  5. Carbon Nanosheets by Morphology-…
  6. Selective Transformation of Stry…
  7. Mechanistic Studies on the Pd-ca…
  8. Synthesis of a Möbius carbon nan…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP