ブログ

Thiophene-Based, Radial π-Conjugation: Synthesis, Structure, and Photophysical Properties of Cyclo-1,4-phenylene-2′,5′-thienylenes

Hideto Ito, Yukari Mitamura, Yasutomo Segawa and Kenichiro Itami

Angew. Chem. Int. Ed.2015, 54, 159-163. DOI: 10.1002/anie.201409389

オニオンリング

今回我々はベンゼンとチオフェンが交互に環状に連なったカーボンナノリングであるcyclo-1,4-phenylene-2′,5′-thienylene (CPT)の合成を達成し構造的性質を明らかにした。アルキンL字形シクロヘキサンユニットのGlaser-Hayカップリングによる環状オリゴマー化、ジエンのチオフェン化、シクロヘキサンの芳香族化を経てサイズの異なる3つのCPTの合成を行った。CPTは一般的な環状平面π共役の性質と、cycloparaphenylene (CPP)などの放射状π共役の性質を帯びた新たなcone形π共役を有してることを見出した。実際、CPTはサイズが大きくなるにつれ紫外可視吸収スペクトルにおける吸収波長の長波長シフトがみられるが、蛍光スペクトルにおいては異常な短波長シフトを引き起こした。単結晶X線結晶構造解析において、[4]CPTは全てのチオフェンが同一方向に向いたcone形構造をとっていることがわかり、それゆえか全ての[4]CPT分子も同一方向にconeスッタキングした興味深い結晶構造であることが明らかとなった。

関連記事

  1. Programmed Synthesis of Arylthia…
  2. C−H Bond Functionalization: Emer…
  3. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  4. Synthesis of Dihydrobenzo[b]fura…
  5. Molecular Catalysis for Fulleren…
  6. Combined experimental and theore…
  7. Synthesis and properties of heli…
  8. Synthesis of Cycloiptycenes from…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP