ブログ

Synthesis and Properties of Cycloparaphenylene-2,7-pyrenylene: A Pyrene-Containing Carbon Nanoring

Akiko Yagi, Gandikota Venkataramana, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Chem. Commun. 2013, Accepted Manuscript, doi: 10.1039/C3CC48198K


我々は、ピレンを有する初のシクロパラフェニレン誘導体である[12,2]シクロパラフェニレン-2,7-ピレニレン([12,2]CPPyr)を合成した。2,7-ピレニレン部位とパラフェニレン部位の軌道相互作用は弱く、HOMOおよびLUMOはパラフェニレン部位の寄与が支配的であるため、[12,2]CPPyrの吸収スペクトルはピレンとCPPのものの足しあわせに近い波形となり、蛍光スペクトルは同サイズのCPPと類似している。

 

関連記事

  1. Controlling the Circadian Clock …
  2. Fe-Catalyzed Oxidative Coupling …
  3. Macrocyclization by Rh-Catalyzed…
  4. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  5. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  6. Casein kinase 1 family regulates…
  7. Flexible Reaction Pocket on Bulk…
  8. Catalytic C–H Imidation of Aroma…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP