ブログ

Regiodivergent Cross-Dehydrogenative Coupling of Pyridines and Benzoxazoles: Discovery of Organic Halides as Regio-Switching Oxidants

Untitled Document-1

Shuya Yamada, Kei Murakami, and Kenichiro Itami
Org. Lett. 2016, 18, 2415–2418. doi: 10.1021/acs.orglett.6b00932

ピリジンは様々な天然物や医農薬に広く見られる骨格であり、自在官能基化の開発は重要な意義をもつ。今回我々はPd触媒を用いたピリジンとベンゾオキサゾールのC–H/C–H酸化的クロスカップリング反応の開発に成功した。本反応では機能性酸化剤として有機ハロゲン化物を用いている。特筆すべきことに、酸化剤を適切に選択することでカップリングの反応位置の制御が可能となった。かさ高い臭化メシチレンではC3位選択的に、臭化ベンジルを用いるとC2位選択的に対応するアゾリルピリジンを与えた。ピリジンのC–Hアリール化の位置選択性を酸化剤により制御した世界初の例であり、本研究の与えるインパクトは大きい。

関連記事

  1. Cyanation of Phenol Derivatives …
  2. Chemical hijacking of auxin sign…
  3. カーボンナノリング:最短のカーボンナノチューブ
  4. Six-fold C–H Borylation of Hexa-…
  5. C–H Functionalization of Azines
  6. Mechanistic Studies on the Pd-ca…
  7. Curved Oligophenylenes as Donors…
  8. Toward Controlled Synthesis of C…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP