ブログ

Palladium-free synthesis of [10]cycloparaphenylene

Yasutomo Segawa, Takuya Kuwabara, Katsuma Matsui, Satoru Kawai, and Kenichiro Itami

Tetrahedron (Special Issue), 2015, ASAP, DOI: 10.1016/j.tet.2015.02.066

[10]CPPはC60フラーレンを選択的に包接できることからCPPの中でも特に重要な大きさである。今回我々は、パラジウムや白金を使わない[10]CPPの合成に成功した。新たに合成したU字型ユニットを、ニッケル錯体によるホモカップリングによって環化二量化することで、[10]CPP前駆体を合成した。X線結晶構造解析およびDFT計算によって、前駆体が歪みのない化合物であることを明らかにした。

関連記事

  1. Pd- and Cu-catalyzed C–H arylati…
  2. Rapid Access to Nanographenes an…
  3. Synthesis and Properties of Cycl…
  4. Discovery of Shoot Branching Reg…
  5. Roles of Base in the Pd-Catalyze…
  6. Mechanistic Studies on the Pd-ca…
  7. Stereodivergent Synthesis of Ary…
  8. Manganese-Catalyzed Intermolecul…

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP