ブログ

Aromatic C–H Borylation by Nickel Catalysis

Hua Zhang, Shinya Hagihara, and Kenichiro Itami

Chem. Lett. 2015, ASAP. DOI: 10.1246/cl.150154


ニッケル触媒によるC-Hホウ素化反応に成功した。ニッケルビスシクロオクタジエン、トリシクロペンチルホスフィン、フッ化セシウム存在下において、ベンゼン誘導体およびインドール誘導体がホウ素化できる。水素と重水素との反応速度差より、炭素水素結合開裂が律速段階であることが示唆された。

関連記事

  1. Palladium/2,2′-bipyridyl/A…
  2. C-H Activation Enables Rapid Str…
  3. Casein kinase 1 family regulates…
  4. Selective Introduction of Organi…
  5. インフィニテン:ねじれた8の字形構造をもつケクレンのトポ異性体
  6. Synthesis and characterization o…
  7. Regioselective Unsymmetrical Tet…
  8. Synthesis of Multiply Arylated P…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP