ブログ

Toward Controlled Synthesis of Carbon Nanotubes and Graphenes

Kenichiro Itami

Pure Appl. Chem. 2012, ASAP. DOI: 10.1351/PAC-CON-11-11-15

 

カーボンナノチューブやグラフェンのボトムアップ合成はナノカーボン化学 における最も重要な課題のひとつである。本論文では、それらの挑戦に向 けて我々が2005年より行ってきた取り組みについて概説した。この取り組みに よって、(1)アームチェア型カーボンナノチューブの最短部分骨格である[n] シクロパラフェニレンの自在合成、選択的合成、大量合成法の確立、(2)キラ ル型カーボンナノチューブの最短部分骨格であるキラルナノリングの合成、 (3)多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応によるカーボンナノシートの 効率的合成、に成功した。本研究は、構造が定まったカーボンナノチューブやグ ラフェンを得るための大きなの一歩である。

関連記事

  1. A Non-alternant Aromatic Belt: M…
  2. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  3. Synthesis of Cycloiptycenes from…
  4. Topologically Unique Molecular N…
  5. Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Fun…
  6. ナノグラフェンのボトムアップ合成を指向した多環性芳香族炭化水素の…
  7. Half-substituted fluorocyclopara…
  8. 気孔開口抑制分子の開発

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP