Recent Publications

Selective Introduction of Organic Groups to C60 and C70 Using Organoboron Compounds and Rhodium Catalyst: A New Synthetic Approach to Organo(hydro)fullerenes

Masakazu Nambo, Yasutomo Segawa, Atsushi Wakamiya, and Kenichiro Itami
Chem. Asian J. Early View DOI: 10.1002/asia.201000583

nambo_chemasianj1

ロジウム触媒を用いたフラーレンのヒドロアリール化反応

次世代マテリアルズサイエンスの主役となるナノカーボンを直截的かつ柔軟に化学変換する基本的方法論の開拓は、合成化学者に課せられた重要な課題である。今回我々はフラーレンへの効率的置換基導入を可能にする分子触媒の開発を検討したところ、有機ホウ素化合物を用いたフラーレンのロジウム触媒ヒドロアリール化反応の開発に成功した。すなわち、フラーレンと有機ホウ素化合物の1,2-ジクロロベンゼン-水混合溶液に触媒量のカチオン性ロジウム(I)錯体を作用させると、置換ヒドロフラーレンが選択的に得られる。本反応の進行には水の添加が必須である。本手法を用いれば、アリール基、ヘテロアリール基、アルケニル基などを高選択的に導入することができる。また、本反応を用いることで、アミノ酸やπ共役化合物などの機能性ユニットとフラーレンのハイブリッド分子の迅速合成も可能である。入手容易かつ取り扱い容易な有機ホウ素化合物を反応剤として用いることを可能にした本手法の有用性は極めて高いと考える。

関連記事

  1. One-shot K-region-selective annu…
  2. Synthesis and properties of all-…
  3. Synthesis, Structure, and Electr…
  4. Stereodivergent Synthesis of Ary…
  5. Synthesis and Properties of Cycl…
  6. Selective Synthesis of [7]- and …
  7. Size-Selective Complexation and …
  8. Recent Progress in Nickel-Cataly…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP