ブログ

Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling of Heteroarenes and Aryl Halides/Triflates

Jerome Canivet, Junichiro Yamaguchi, Ikuya Ban, and Kenichiro Itami
Org. Lett. 2009, 11, 1733

DOI: 10.1021/ol9001587

近年、芳香環C–H結合のアリール化反応が理想的なビアリール骨格構築法の一つとして大きな注目を集めており、我々の研究グループを含めて世界中で精力的な研究が行われている。これまでPd, Rh, Ru触媒が主に用いられてきたが、より安価かつユビキタスな金属触媒へのシフトが求められている。今回、ヘテロ芳香族化合物とハロゲン化アリールのビアリールカップリングを促進するNi触媒を見出した。例えば、Ni(OAc)2 (10 mol%)、2,2’-bipyridyl (bipy: 10 mol%)、LiOt-Bu (1.5 equiv)のジオキサン溶液に対してベンゾチアゾール (1.5 equiv)とヨードベンゼン(1.0 equiv)を作用させ85 °Cで撹拌すると、ビアリールカップリング生成物(2–フェニルベンゾチアゾール)が高収率(80%)で得られる。このNi(OAc)2/bipy触媒は種々のヨウ化アリールや臭化アリールのカップリングに有効である。ハロゲン化へテロアリールのカップリングも可能である。さらに、チアゾール、オキサゾール、ベンゾオキサゾール、ベンゾイミダゾールなどのヘテロ芳香環のアリール化にも有効であることが明らかとなった。興味深いことに配位子をdppfにすると、塩化アリールやアリールトリフラートを用いたカップリングに有効な触媒となることも見出した。機能の宝庫であるヘテロビアリール骨格を極めて安価なNi(OAc)2·4H2O ($126 for 1 kg: Strem Chemicals, Inc.)を触媒前駆体に用いて構築した意義は明白である。

 

 

関連記事

  1. Corannulene–Helicene Hybrids: Ch…
  2. C−H Bond Functionalization: Emer…
  3. Selective Synthesis of [12]Cyclo…
  4. Late‐Stage Functionalization of …
  5. Palladium-Catalyzed C–H and C–N …
  6. Dehydrogenative Synthesis of 2,2…
  7. Diversity-oriented synthesis of …
  8. Mechanistic Studies on the Pd-ca…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP