Recent Publications

Exploitation of an additional hydrophobic pocket of σ1 receptors: Late-stage diverse modifications of spirocyclic thiophenes by C–H bond functionalization

Christina Meyer, Benedikt Neue, Dirk Schepmann, Shuichi Yanagisawa, Junichiro Yamaguchi, Ernst-Ulrich Würthwein, Kenichiro Itami, Bernhard Wünsch

Org. Biomol. Chem2011, Advanced Article DOI: 10.1039/C1OB06149F

 

Late-Stage C-Hアリール化による新規σ1レセプター配位子の探索

これまでの研究により、チオフェン環のアルファー位にアリール基を有するスピロ環チオフェン骨格がσ1レセプターの優れた配位子になることが予測されていた。そこで本論文では、独自に開発したヘテロ芳香環の直接アリール化触媒(Pd/2,2′-bipyridyl/Ag2CO3)を用い、種々のアリール基を有するスピロ環チオフェン類を合成し、σ1レセプターとの親和性評価を行った。チオフェン環の直接アリール化反応を用いたことによって、合成終盤での多種多様なアリール基導入が可能になり、迅速な構造活性相関研究が実現できた。我々の開発した芳香環の直接アリール化反応が威力を発揮した好例と言える。

関連記事

  1. tert-Butoxide-Mediated C-H Bond …
  2. Synthesis of Cycloparaphenylenes…
  3. C−H Bond Functionalization: Emer…
  4. 2,4- and 2,5-Disubstituted Arylt…
  5. Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling…
  6. Catalytic Dehydrogenative C–H Im…
  7. A Nickel Catalyst for the Additi…
  8. Synthesis of Multiply Arylated P…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP