ブログ

Synthesis, Properties, and Packing Structures of Corannulene-Based π-Systems Containing Heptagons


Kenta Kato, Yasutomo Segawa, Lawrence T. Scott, and Kenichiro Itami

Chem. Asian J., 2015, Early View DOI: 10.1002/asia.201500560

7員環は、ナノカーボンに負の曲率を付与し、3次元的に広がる多彩な構造構築を可能にするため、効率的かつ汎用的な7員環生成法が広く求められている。我々はすでにコラニュレン周りに7員環を5つ有する芳香族炭化水素『ワープドナノグラフェン(WNG)』の合成を報告している。今回我々は、WNGの合成中間体を2種類単離することに成功し、WNG合成反応において7員環が予想よりも早い段階で生成していることを明らかにした。単離した2種の化合物はいずれも7員環をもつ湾曲π共役化合物であり、結晶において湾曲面同士が密に接する新たなスタッキング様式が見られた。

関連記事

  1. Cyanation of Phenol Derivatives …
  2. Recent Progress in Nickel-Cataly…
  3. Rapid Access to Nanographenes an…
  4. Palladium-catalyzed tetraallylat…
  5. C-H Activation Route to Dibenzo[…
  6. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  7. Double-Helix Supramolecular Nano…
  8. ニッケル触媒直接カップリング反応の開発と機構解明研究

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP