ブログ

Dissecting plant hormone signaling with synthetic molecules: perspective from the chemists

Shinya Hagihara*, Ryotaro Yamada, Kenichiro Itami, Keiko U Torii*
Current Opinion in Plant Biology201947, 32–37. (DOI: 10.1016/j.pbi.2018.09.002)

遺伝学が植物科学にもたらした影響は大きく、その発展に大きく寄与してきた。しかし、標的遺伝子が助長性や致死性を有する場合には、遺伝学的解析が困難である。一方で、緻密に設計された合成分子はこのような問題を解決する強力なツールとなりうる。本総説では、合成化学がどのようにして植物科学の進展に貢献できるかを議論する。特にアブシシン酸とストリゴラクトン、オーキシンに注目し、合成小分子を駆使した植物ホルモンシグナルの可視化と制御について紹介する。

関連記事

  1. Pd- and Cu-catalyzed C–H arylati…
  2. A grossly warped nanographene an…
  3. Exploitation of an additional hy…
  4. Roles of Base in the Pd-Catalyze…
  5. Corannulene–Helicene Hybrids: Ch…
  6. Synthesis and characterization o…
  7. 1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Ba…
  8. Helically Twisted Tetracene: Syn…

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP