Recent Publications

Synthesis and characterization of hexaarylbenzenes with five or six different substituents enabled by programmed synthesis

Shin Suzuki, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami and Junichiro Yamaguchi

Nature Chem. 2015, Advanced article DOI:10.1038/nchem.2174

多置換ベンゼンを自在につくる

ベンゼンの6つの水素原子を全て芳香族置換基(アリール基)で置換したヘキサアリールベンゼン(HAB:hexaarylbenzene)は、6置換ベンゼンの一種であり、様々な光電子機能性材料となるばかりでなく、近年ではナノグラフェンの前駆体としても注目を集めている。しかし、選択的合成の難しさから、これまで研究されてきたHABは1~2種類のアリール基で置換された対称性の高いものであった。特に、6種類の異なるアリール基で置換された「究極のHAB」はこれまで合成・単離されたことがなく、その物性などは未知のままであった。今回、チオフェン誘導体に対する逐次的なC–Hアリール化続くDiels–Alder反応を経て、6種類のアリール基が異なるHABの合成に成功した。また、高度にアリール化されたアレーン類をプログラムされた様式で合成する手法により、アリール基がすべて異なるヘキサアリールベンゼン、ペンタアリールピリジン、テトラアリールナフタレンの合成にも成功した。

プレスリリース 科学技術振興機構(JST)

新聞等 中日新聞 東洋経済

関連記事

  1. Mechanistic Studies on the Pd-ca…
  2. エステルからの脱カルボニル型エーテル合成
  3. Late-Stage C–H Coupling Enables …
  4. 炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  5. Combined experimental and theore…
  6. Controlled Alcohol–Carbonyl Inte…
  7. Nickel-Catalyzed α-Arylation of …
  8. Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Fun…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP