ブログ

Phenanthro[9,10-a]corannulene by one-step annulative π-extension of corannulene

Kenta Kato, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Can. J. Chem. 2016, Just-in article, DOI: 10.1139/cjc-2016-0467

今回我々は、パラジウム触媒による縮環π拡張反応(APEX反応)をコラニュレンに適用することで、1段階高収率でフェナントロ[9,10-a]コラニュレンを合成することに成功した。X線結晶構造解析およびDFT計算より、フェナントロ[9,10-a]コラニュレンの最安定構造はツイスト型ではなくバタフライ型であることを明らかにした。これは類似の化合物であるジベンゾ[g,p]クリセンとは対照的であり、この違いはコラニュレンのボウル状のひずみの有無が原因であると考えられる。

関連記事

  1. Palladium-Catalyzed Esterificati…
  2. Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Fun…
  3. Concise Syntheses of Dictyodendr…
  4. Photo-induced arylation of carba…
  5. Corannulene–Helicene Hybrids: Ch…
  6. Helically Twisted Tetracene: Syn…
  7. Nickel-Catalyzed C-H Arylation o…
  8. 総説:分子ナノカーボン科学における新パラダイム

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP