Recent Publications

Ni-Catalyzed α-Arylation of Esters and Amides with Phenol Derivatives

Eva Koch, Ryosuke Takise,  Armido Studer, Junichiro Yamaguchi and  Kenichiro Itami

Chem. Commun., 2014, Accepted Manuscript DOI: 10.1039/C4CC08426H

エステル/アミドも利用できる

我々はすでにNi/dcypt触媒を用いたケトンのフェノール誘導体とのα位アリール化反応を報告しているが、今回同反応がエステルやアミドにも有効であることを見出した。エステルの場合はこれまで用いていたフェノール誘導体(ピバレート)ではなく、カルバマートの方が有効であった。アミドに関しては環状ラクタム(オキシインドール)に限られるがケトンと同様にピバレートをアリール化剤としてアリール基を導入することにはじめて成功した。

関連記事

  1. Regioselective Unsymmetrical Tet…
  2. Synthesis of Triarylpyridines in…
  3. Synthesis, Structures and Proper…
  4. Curved Oligophenylenes as Donors…
  5. Late-Stage C-H Bond Arylation of…
  6. Recent Progress in Nickel-Cataly…
  7. ナノグラフェンのボトムアップ合成を指向した多環性芳香族炭化水素の…
  8. Pd(OAc)2/o-Chloranil/M(OTf)n: A …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP