Recent Publications

Aziridinofullerene: A Versatile Platform for Functionalized Fullerenes

Masakazu Nambo, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

J. Am. Chem. Soc. 2011, ASAP. DOI: 10.1021/ja111213k

 

アジリジノフラーレンを起点とした様々な置換フラーレンの迅速合成

アジリジノフラーレンの実用的な合成法として、銅触媒を用いたC60のアジリジン化反応の開発に成功した。またアジリジノフラーレンは触媒量のトリフルオロメタンスルホン酸(TfOH)存在下で様々なアレーンと反応し、1,4-ジアリールフラーレン誘導体が得られることを見出した。また分子内に2カ所の求核部位をもつ基質を用いると環化生成物が得られた。さらに同条件でアルキンと反応させると、形式的な[2+2]付加環化反応が進行することが明らかとなった。本反応はアジリジノフラーレンから1段階で多様なフラーレン誘導体を迅速に合成できる点で非常に有用な手法である。

関連記事

  1. 1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Ba…
  2. C-H Activation Enables Rapid Str…
  3. Cu-Catalyzed aromatic C–H imidat…
  4. Synthesis and properties of all-…
  5. Late-Stage C-H Bond Arylation of…
  6. Controlled Alcohol–Carbonyl Inte…
  7. Rh-Catalyzed Regiodivergent Hydr…
  8. A grossly warped nanographene an…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP