Recent Publications

炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成

Junichiro. Yamaguchi, Kenichiro. Itami, Catalysts & Catalysis201153, 293.  Link

 

炭素−水素結合を直接変換し効率的な生物活性化合物合成を行う

近年有機化合物を直接的かつ短段階で合成する手法のひ とつとして炭素─水素結合(C─H結合)の直接変換反応を 利用した合成化学が興隆している).現在までに多種多様 なC─H結合変換反応が開発されているが,実践的な有用 化合物への応用は未だ報告例は少ない.開発した基本的方 法論を複雑な天然有機化合物や医薬品などの合成へと応用 することは,ニーズと何ができないかを再認識させる「場」 となり,ひいては真に有用な反応への飛躍を促す.さら に,直接的な合成はこれまでの合成戦略を根本から覆す可 能性を秘めている.今回C─H結合の直接変換を鍵とする生物活性物質の合成を変換反応別に紹介する.

 

関連記事

  1. Probing strigolactone receptors …
  2. Nickel-Catalyzed C-H Arylation o…
  3. Selective Synthesis of [7]- and …
  4. Toward Controlled Synthesis of C…
  5. 1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Ba…
  6. Pd(OAc)2/o-Chloranil/M(OTf)n: A …
  7. The 1,1-Carboboration of Bis(alk…
  8. Rh-Catalyzed Regiodivergent Hydr…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP