ブログ

Corannulene–Helicene Hybrids: Chiral π-Systems Comprising Both Bowl and Helical Motifs

Takao Fujikawa, Dorin V. Preda, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, and Lawrence T. Scott

Org. Lett. 201618, 3992-3995. DOI: 10.1021/acs.orglett.6b01801

ボストン・カレッジ Scott研究室との共同研究です。コラニュレンとヘリセンという2つの非平面芳香族炭化水素を組み合わせた分子の合成に成功しました。この分子において、コラニュレンのボウル反転とヘリセンのらせん反転が互いに影響することで特徴的な動力学的挙動を示すことが分かりました。

関連記事

  1. Synthesis of Triarylpyridines in…
  2. Programmed Synthesis of Arylthia…
  3. Nickel-Catalyzed Aromatic C–H Fu…
  4. Synthesis and Properties of Cycl…
  5. Late‐Stage Functionalization of …
  6. Synthesis of a carbon nanobelt
  7. Synthesis and Dimerization of Ch…
  8. Controlling the Circadian Clock …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP