ブログ

Discovery of Plant Growth Stimulants by C–H Arylation of 2-Azahypoxanthine

Hiroyuki Kitano, Jae-Hoon Choi, Ayaka Ueda, Hideto Ito , Shinya Hagihara, Toshiyuki Kan , Hirokazu Kawagishi , and Kenichiro Itami

Org. Lett. 2018, 20, 5684–5687. DOI: 10.1021/acs.orglett.8b02407

Highlighted in C&EN News 

北野さん、上田さんと、静岡大学 河岸洋和先生、崔宰熏先生、静岡県立大学 菅敏幸先生との共同研究:8ーアリールアザヒポキサンチン誘導体の合成と植物成長における構造活性相関研究
今回我々は誘導化が困難であったアザヒポキサンチン(AHX)に対し、パラジウム触媒によるC-Hアリール化反応を行うことで様々な8–アリールAHXの合成に成功した。また、合成した8–アリールAHXのイネの根や茎の成長に対する構造活性相関研究を行ったところ, いくつかの誘導体においてAHXを大きく上回る成長活性がみられた。

関連記事

  1. C-H Activation Route to Dibenzo[…
  2. Synthesis of a zigzag carbon nan…
  3. Ni-Catalyzed α-Arylation of Este…
  4. Synthesis of Cycloiptycenes from…
  5. Structurally uniform and atomica…
  6. Synthesis of Open-Shell Ladder π…
  7. Fe-Catalyzed Oxidative Coupling …
  8. 総説:分子ナノカーボン科学における新パラダイム

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP