ブログ

Synthesis of Octaaryl Naphthalenes and Anthracenes with Different Substituents

Shin Suzuki, Kenichiro Itami,* Junichiro Yamaguchi*

Angew. Chem., Int. Ed. 2017, Accepted article. DOI: 10.1002/anie.201709332

多種類のアリール基で置換されたナフタレン、アントラセンの自在合成を達成した。テトラアリールチオフェンオキシドとアラインとの[4+2]付加環化反応を用いることでオクタアリールナフタレン、オクタアリールアントラセンを合成した。本手法に従えば、チオフェンに導入するアリール基の種類を変えることで、ナフタレン、アントラセンの望みの位置にアリール基が導入可能となる。

関連記事

  1. Selective Synthesis of [7]- and …
  2. Catalytic Methods for Aromatic C…
  3. カーボンナノリング:最短のカーボンナノチューブ
  4. Synthesis of Highly Twisted, Non…
  5. Chemical hijacking of auxin sign…
  6. Branch-Selective Allylic C–H Car…
  7. Exciton Recombination Dynamics i…
  8. Functionalization of a Simple Di…

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP