Member

八木 亜樹子特任准教授 Designated Associate Professor

Name

八木亜樹子

Mail Address

yagi.akiko at d.mbox.nagoya-u.ac.jp

Comment

久々に写真を更新しました。

Education and Experience

2011年3月 名古屋大学理学部化学科 卒業(伊丹健一郎教授)

2013年3月   名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士前期課程修了(伊丹健一郎教授)

2012年4月~2012年5月 国立台湾大学 留学(Prof. Ken-Tsung Wong)

2013年4月~2016年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

2013年4月~2013年7月   カナダ クイーンズ大学 留学(Prof. Cathleen M. Crudden)

2016年3月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)博士後期課程修了(伊丹健一郎教授、博士(理学)取得)

2016年4月~2017年2月 米国スクリプス研究所化学科 日本学術振興会 海外特別研究員 (Prof. Ryan A. Shenvi)

2017年3月~2020年12月 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)物質科学国際研究センター助教

2021年1月 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任准教授

Publication

(16) Photo-induced arylation of carbazoles with aryldiazonium salts

Bumpei Maeda, Genki Mori, Yota Sakakibara, Akiko Yagi, Kei Murakami, Kenichiro Itami

Asian J. Org. Chem. 2021, Accepted Article.

(15) A Non-alternant Aromatic Belt: Methylene-bridged [6]Cycloparaphenylene Synthesized from Pillar[6]arene

Yuanming Li, Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Kenichiro Itami

J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 12850-12856. DOI:10.1021/jacs.0c06007

ChemRxiv, DOI 10.26434/chemrxiv.12415166.

(14) Programmable Synthesis of Multiply Arylated Cubanes through C–H Metalation and Arylation

Ryo Okude, Genki Mori, Akiko Yagi*, Kenichiro Itami*

Chem. Sci. 2020, Advance Article. DOI: 10.1039/D0SC01909G

(13) Synthesis of Highly Twisted, Nonplanar Aromatic Macrocycles Enabled By Axially Chiral 4,5-Diphenylphenanthrene building block

Yuanming Li, Akiko Yagi, Kenichiro Itami, J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3246-3253. DOI: 10.1021/jacs.9b13549

(12) Six-fold C–H Borylation of Hexa-peri-hexabenzocoronene

Mai Nagase, Kenta Kato, Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami, Beilstein J. Org. Chem. 2020, 16, 391-397.

(11) Ni-Catalyzed α-selective C–H Borylations of Naphthalene-based Aromatic Compounds

Toshiyuki Kamei, Soshi Nishino, Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, Toyoshi Shimada, J. Org. Chem. 2019, 84, 14354-14359.

(10) Synthesis of Sterically Hindered 4,5-Diarylphenanthrenes via Acid-catalyzed Bisannulation of Benzenediacetaldehydes with Alkynes

Yuanming Li, Akiko Yagi, Kenichiro Itami Chem. Sci. 2019, 10, 5470-5475. DOI:10.1039/c9sc00334g

Highlighted in Chemical Science! https://www.rsc.org/news-events/journals-highlights/2019/may/a-challenging-synthesis/

(9) Armchair and Chiral Carbon Nanobelts: Scholl Reaction in Strained Nanorings

Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami Chem (Preview), 2019, 5, 746.

(8) “Branch-Selective Hydroarylation: Iodoarene–Olefin Cross-Coupling”

Samantha A. Green, Jeishla L. M. Matos, Akiko Yagi, Ryan A. Shenvi J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 12779.

(7) ”Synthesis and Properties of [8]-, [10]-, [12]-, and [16]Cyclo-1,4-naphthylenes”

Keishu Okada, Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, Kenichiro Itami Chem. Sci. 2017, 8, 661.

(6) “Simple, direct methods for formation of self-assembled N-heterocyclic carbene monolayers on gold and their application in bio-sensing”

Cathleen M. Crudden, J. Hugh Horton, Mina R. Narouz, Zhijun Li, Christene A. Smith, Kim Munro, Christopher J. Baddeley, Christian R. Larrea, Benedict Drevniok, Bheeshmon Thanabalasingam, Alastair B. McLean, Olena V. Zenkina, Iraklii I. Ebralidze, Zhe She, Heinz-Bernhard Kraatz, Nicholas J. Mosey, Lisa N. Saunders, Akiko Yagi Nature Communications, 2016, 7, 12654.

(5) “Chemical Synthesis of Cycloparaphenylenes”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Kenichiro Itami Chemistry of Carbon Nanostructures (Eds. K. Müllen, X. Feng), De Gruyter, 2016

(4) “A Theoretical Study on the Strain Energy of Carbon Nanobelts”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Hideto Ito, and Kenichiro Itami Org. Lett. 2016, 18, 1430.

(3) “Design and Synthesis of Carbon Nanotube Segments”

Yasutomo Segawa, Akiko Yagi, Katsuma Matsui, and Kenichiro Itami. Angew. Chem., Int. Ed. 2016, 55, 5136.

(2) “Synthesis and Properties of Cycloparaphenylene-2,7-pyrenylene: A Pyrene-containing Carbon Nanoring”

Akiko Yagi, Gandikota Venkataramana, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami Chem. Commun. 2014, 50, 957.

(1) “Synthesis and Properties of [9]Cyclo-1,4-naphthylene: A p-Extended Carbon Nanoring”

Akiko Yagi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami J. Am. Chem. Soc. 2012, 134, 2962.

Invited Lectures

(1) 八木亜樹子

『私の歩んできた道』

福島県立会津学鳳中高等学校スーパーサイエンスハイスクール招待講演、福島県立会津学鳳中高等学校、福島、2014年12月

(2) 八木亜樹子

『Synthetic Studies for Novel Hydrocarbon Compounds』

第20回スクリプス・バイオメディカルフォーラム招待講演、メルパルク大阪、大阪、2017年12月

(3) 八木亜樹子

『とある女性研究者の奮闘記』

名古屋大学ジェンダーリサーチライブラリ主催シンポジウム 科学とジェンダー、名古屋大学 201911

Awards

(1) 第22回 基礎有機化学討論会 ポスター賞

(2) 名古屋大学若手女性研究者サイエンスフォーラム 総長賞

(3) The 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds Poster Award

(4) 第9回ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞

(5) 第26回 基礎有機化学討論会 ポスター賞

(6) 名古屋大学博士課程教育リーディング大学院リサーチアシスタント選出 2012年2月~2013年3月

(7) 独立行政法人日本学術振興会特別研究員(DC1)選出 2013年4月~2016年3月

(8) 第6回大津会議フェロー選出(大津会議No.091)

(9) 独立行政法人日本学術振興会海外特別研究員(平成28年度)選出 2016年4月~2017年2月

(10) 第33回井上研究奨励賞

(11) 2019年度有機化学合成協会 研究企画賞

Our Member

  1. 斎藤 結女
  2. 加藤 智紀
  3. 駒城 龍人
  4. 石橋 弥泰
  5. 森 嵩登
  6. 深津 美羽
  7. 服部 覚祉
  8. 中田 奏未
  9. 甲斐 恒成
  10. 井本 大貴
  11. 大坪 裕子
  12. Majji Shankar
  13. NGUYEN Bach Xuan
  14. 吉原空駆
  15. 藤代栞奈
  16. 遠山祥史
  17. 桂川穂奈美
  18. 大橋京夏
  19. 宇佐見享嗣
  20. 山田早人
  21. Nicola Skoulding
  22. 室井優美
  23. 石田 舜祐
  24. 木下 英代
  25. 天池 一真
  26. 城谷 陽子
  27. 野口 貴代
  28. 植山 唯
  29. 加藤 里香
  30. 山田 圭悟
  31. 鄭 在玹
  32. 渡邊 幸佑
  33. 河野 英也
  34. 前川 海斗
  35. 加藤 江莉佳
  36. 赤上 諒
  37. Greco Gonzalez Miera
  38. 周戸 大季
  39. 松原 聡志
  40. 藤木 秀成

    八木さんの二番弟子

  41. 川原 巧

    よろしくおねがいします!

  42. 上田 彩果

    米中心生活

  43. 奥出 諒

    博士課程進学目指して頑張ります!キュバンを愛し、キュバンに愛された男!

  44. 八木 亜樹子

    二児の母になりました。写真+6歳。

  45. 榊原 陽太

    好青年

  46. 戸谷 充寿

    スポーツ愛

  47. Yip Shu Jan (Alicia)

    D3。マレーシア人。

  48. 前川 健久
  49. 伊藤 英人

    講師から准教授になりました。アルキンとカメラが大好き。

  50. 伊丹健一郎

    教授・ITbM拠点長・伊丹ナノカーボンプロジェクト統括。

PAGE TOP