ブログ

Strigolactone receptors in Striga hermonthica

Masahiko Yoshimura,* Yuichiro Tsuchiya, Yoshikatsu Sato, Kenichiro Itami, Toshinori Kinoshita, Shinya Hagihara

Plant Morphology in press. (invited review)

寄生植物ストライガは作物の根に寄生し収量を大幅に減少させることから、アフリカを中心に大きな農業被害を及ぼしている。その被害は年間約1兆円にものぼり、早急に解決すべき問題となっている。 ストライガは寄生先となる植物が土壌中に放出するストリゴラクトンを認識して発芽する。そのため、ストリゴラクトンおよびその受容体タンパク質の研究はストライガ問題を解決する糸口になると考えられている。本総説論文では、ストライガのストリゴラクトン受容体に関する最新研究について紹介する。

関連記事

  1. Stereodivergent Synthesis of Ary…
  2. Gold‐Catalyzed C−H Imidation of …
  3. Oxidative Biaryl Coupling of Thi…
  4. Selective Introduction of Organi…
  5. Selective Synthesis of [7]- and …
  6. A Quest for Structurally Uniform…
  7. 1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Ba…
  8. Controlling the Circadian Clock …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP