ブログ

Carbon Nanobelts: Brief History and Perspective

Carbon Nanobelts: Brief History and Perspective”

Daiki Imoto, Akiko Yagi and Kenichiro Itami

Precis. Chem. 2023, ASAP. DOI: 10.1021/prechem.3c00083

カーボンナノチューブ(CNT)は、様々な用途で優れた性能を発揮することから現代のナノ材料の中心的存在となっています。近年、カーボンナノリング(CNR)やカーボンナノベルト(CNB)と呼ばれるCNTの部分構造をもつ分子群が、そのユニークな構造と特性、およびCNTを精密に合成するための種分子としての可能性から注目を集めています。CNBの合成は、CNTが発見されるずっと以前から、その構造のユニークさに魅せられた科学者たちによって取り組まれてきました。我々は2017年に、世界初のCNBである(6,6)CNBの合成に成功しました。このマイルストーン以降、様々な合成ルートを通じて多様なタイプのナノベルトが合成され、それによって剛直なベルト構造に由来する光物性、磁性、酸化還元特性が実証されてきました。最近ではCNBの応用も行われており、ホスト-ゲスト錯体の形成、三次元分子への変換、導電性の測定などが報告されています。本論文では、CNBの歴史と今後の展望をまとめました。さらに多様なCNB合成が行われ、積極的に応用されることによって、材料科学における斬新かつ画期的な展開が生み出されると期待しています。

関連記事

  1. Controlling the Circadian Clock …
  2. 全フッ素化カーボンナノリングの合成
  3. C-H Activation Route to Dibenzo[…
  4. Catalytic Methods for Aromatic C…
  5. Synthesis and Properties of [8]-…
  6. Aromatic C–H Borylation by Nicke…
  7. Synthesis of Natural Products an…
  8. C-H Activation Enables Rapid Str…

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP