ブログ

Late-Stage C–H Coupling Enables Rapid Identification of HDAC Inhibitors: Synthesis and Evaluation of NCH-31 Analogues

Hiromi Sekizawa, Kazuma Amaike, Yukihiro Itoh,  Takayoshi Suzuki, Kenichiro Itami, and Junichiro Yamaguchi

ACS. Med. Chem. Lett. 2014, just accepted. DOI: 10.1021/ml500024s

 

C–Hカップリングの創薬化学への応用

NCH-31は京都府立大学の鈴木らによって見出された新規ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害剤である。今回、我々が開発したPd/TEMPO触媒をもちいたアリールボロン酸とのC4位選択的なチアゾールのC–Hカップリング(Angew. Chem. Int. Ed. 2011, 50, 2387)を用いて、NCH-31のチアゾールC4位のフェニル基を様々なアリール基に変えた誘導体を合成した(IYS-1-15 とIYS-Me; 16種類)。HDAC阻害活性評価を行ったところ、3-フルオロフェニルおよび4-フルオロフェニル基を有するNCH-31誘導体がよりHDACを阻害することが明らかとなった。さらに、3-フルオロ-4-メチルフェニル基を有する誘導体はHDAC6を阻害せずHDAC1、HDAC9のみを阻害することがわかった。本研究はC–Hカップリングが、生物活性を有する化合物に対して、合成最終段階でアリール基を自在に導入することが可能であり、迅速な誘導化に貢献できることを示した好例である。

関連記事

  1. Probing strigolactone receptors …
  2. Synthesis and Structural Feature…
  3. Size-selective synthesis of [9]-…
  4. Synthesis and Racemization Proce…
  5. Direct Arylation of Polycyclic A…
  6. 炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  7. Synthesis of Dihydrobenzo[b]fura…
  8. Electro-Activated Conductivity a…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP