ブログ

Palladium-Catalyzed C–H and C–N Arylation of Aminothiazoles with Arylboronic Acids

Takahiro N. Uehara, Junichiro Yamaguchi and Kenichiro Itami Asian J. Org. Chem. 2013 DOI: 10.1002/ajoc.201300172

(Dedicated to Professor Teruaki Mukaiyama on the occasion of the 40th anniversary of the Mukaiyama aldol reaction.)

 

2-アミノチアゾールの直接C–H結合およびC–N結合アリール化

Pd/TEMPO/Air系によるC4位選択的な2-アミノチアゾール誘導体のアリールボロン酸との直接的なアリール化反応を見出した。さらに、本研究中にPd触媒により2-アミノチアゾールのC–N結合切断/直接アリール化が進行することを発見した。

 

関連記事

  1. Diversity-oriented synthesis of …
  2. アダマンタン縮環アレーン
  3. Helically Twisted Tetracene: Syn…
  4. Chemical hijacking of auxin sign…
  5. Theoretical Elucidation of Poten…
  6. Dragmacidin D Synthesis of Dragmacidin D via D…
  7. Synthesis of Natural Products an…
  8. Catalytic Dehydrogenative C–H Im…

最近の記事

  1. Содер…
  2. Содер…
  3. Содер…
  4. Содер…

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP