ブログ

Programmed Synthesis of Arylthiazoles through Sequential C-H Couplings

 

Satoshi Tani, Takahiro N. Uehara, Junichiro Yamaguchi and Kenichiro Itami, Chem. Sci. 2013, ASAP. DOI: 10.1039/C3SC52199K

アリールチアゾールのプログラム合成 アリールチアゾール化合物は機能性材料のみならず生物活性物質にも見られる重要な物質群であり、効率的かつプログラムされた合成法が確立できれば、これらの化合物群を迅速に合成すること が可能となる。既に直接アリール化反応によりトリアリールチアゾールを得る方法は報告されてい るものの、直接アリール化反応により合成可能なアリールチアゾールの置換様式には限りがあっ た。我々は前述のチアゾール類の C4 位選択的なアリール化反応を用いることに加え、C2 位および C5 位のアリール化に有効なパラジウム触媒の開発、最適化を行い、あらゆる置換様式のアリール チアゾールをプログラムされた様式で提供する一般的合成法の確立に成功した

関連記事

  1. Synthesis of a carbon nanobelt
  2. Key Structural Elements of Unsym…
  3. C-H Activation Generates Period-…
  4. Synthesis of Sterically Hindered…
  5. A grossly warped nanographene an…
  6. β-Selective C–H Arylation of Pyr…
  7. Polycyclic Arene Synthesis by An…
  8. Late‐Stage Functionalization of …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP