ブログ

Synthesis of Dihydrobenzo[b]furans by Diastereoselective Acyloxyarylation

Kazuhiro Hata, Zhiheng He, Constantin Gabriel Daniliuc, Kenichiro Itami, and Armido Studer
Chem. Commun., 2013, Accepted Manuscript, DOI: 10.1039/C3CC47350C

 

我々はMünster大学Studer研究室との共同研究で、パラジウム触媒とTEMPO存在下、ベンゾフラン誘導体に対しアリールボロン酸とカルボン酸とを室温にて作用さ せると、完璧な位置選択性かつ高いジアステレオ選択性にて2-アリール-3-アシロキシ-2,3-ジヒドロベンゾフランが高収率で得られることを発見した。さらにこのアシロキシアリール化反応の立体はアンチで進行していることがX線結晶構造解析によって明らかとなった。

 

関連記事

  1. Aromatic C–H Borylation by Nicke…
  2. Recent Advances in C-H Activatio…
  3. Probing strigolactone receptors …
  4. Helically Twisted Tetracene: Syn…
  5. Mechanistic Studies on the Pd-ca…
  6. Aziridinofullerene: A Versatile …
  7. Carbon Nanosheets by Morphology-…
  8. Chemical synthesis of carbon nan…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP