Recent Publications

Synthesis and Racemization Process of Chiral Carbon Nanorings: A Step toward the Chemical Synthesis of Chiral Carbon Nanotubes

Haruka Omachi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Org. Lett. 2011, ASAP. DOI: 10.1021/ol200730m

 

キラルカーボンナノリングキラル型カーボンナノチューブの最短部分骨格−の合成

今回我々は、カイラル指数[15,14]で表されるキラル型カーボンナノチューブの最短部分骨格である[13]シクロパラフェニレン-2,6-ナフチレン ([13]CPPN) の合成に成功した。すでに合成に成功しているCPPは、アームチェア型 (カイラル指数 [n,n]) カーボンナノチューブの最短部分骨格であり、今後これらを用いることでキラル型やアームチェア型のカーボンナノチューブを自在につくり分けることが可能になると考えている。

関連記事

  1. 炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  2. Iridium Catalysis for C-H Bond A…
  3. Excited States in Cycloparapheny…
  4. Synthesis and characterization o…
  5. tert-Butoxide-Mediated C-H Bond …
  6. 1,3,5-Triaryl 2-Pyridylidene: Ba…
  7. Thiophene-Fused π-Systems from D…
  8. Direct Arylation of Polycyclic A…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP