ブログ

MEDCHEM NEWS 28-2号 創薬最前線 – 合成化学と植物科学・時間生物学の融合で価値ある分子を

伊丹健一郎、萩原伸也、佐藤綾人
MEDCHEM NEWS, 2018, 28(2), 59.

2013 年、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM)が名古屋大学でスタートした。あれから 5 年、 分野や専門言語の異なる研究者が価値観を共有し、分野を超えた研究を自由闊達に展開できる ITbM 研究棟では、これまでに糸口すらなかった科学の難題に解決の道筋をつける研究成果が出ている。本稿ではその代表例として、アフリカで猛威をふるう寄生植物ストライガに対する分子科学アプローチとダーウィン以来の謎とされるオーキシンの生理活性制御の 2 つの研究について紹介したい。

関連記事

  1. Creation of negatively curved po…
  2. Synthesis and Structure of a Pro…
  3. Palladium-free synthesis of [10]…
  4. Initiation of carbon nanotube gr…
  5. Molecular Catalysis for Fulleren…
  6. C–H Functionalization of Azines
  7. Synthesis and Size-Dependent Pro…
  8. Cyanation of Phenol Derivatives …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP