ブログ

Double-Helix Supramolecular Nanofibers Assembled from Negatively Curved Nanographenes

Double-Helix Supramolecular Nanofibers Assembled from Negatively Curved Nanographenes
Kenta KatoKiyofumi TakabaSaori Maki-YonekuraNobuhiko Mitoma, Yusuke Nakanishi, Taishi Nishihara, Taito Hatakeyama, Takuma Kawada, Yuh Hijikata, Jenny Pirillo, Lawrence T. Scott, Koji Yonekura,* Yasutomo Segawa,* Kenichiro Itami*
J. Am. Chem. Soc. 2021, accepted. DOI: 10.1021/jacs.1c00863 
(ChemRxiv, DOI: 10.26434/chemrxiv.13270607.v1)

グラファイトおよび関連するナノグラフェン分子の積層構造は、それらの物理的および電子的機能において重要な役割を果たします。ただし、負に湾曲したナノグラフェンの積層構造は、適切なナノグラフェン分子がなかったため不明なままでした。我々は今回、負に湾曲したナノグラフェンの合成と一次元超分子自己組織化を報告しました。この湾曲したナノグラフェンは、さまざまな有機溶媒中で自己組織化し、効率的なゲル化剤として機能します。ナノファイバーの形成をAFMおよびTEM測定によって確認し、最終的に電子回折構造解析によって連続的なπ–πスタッキングによる二重らせん構造であることを明らかにしました。本研究は、分子の凹凸デザインという新しい超分子ナノファイバー形成方法を見いだしただけでなく、電子回折構造解析がサブマイクロメートルサイズの分子配列決定に非常に強力であることを示しています。

本論文は、JACSのCoverにも採用されました。

Designed by Dr. Issey Takahashi (ITbM)

分子科学研究所 瀬川研HPはこちら

関連記事

  1. Topological molecular nanocarbon…
  2. Palladium-Catalyzed C–H and C–N …
  3. Construction of Heptagon‐Contain…
  4. Thiophene-Fused π-Systems from D…
  5. Catalytic Methods for Aromatic C…
  6. Concise Syntheses of Dictyodendr…
  7. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  8. Regioselective Unsymmetrical Tet…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP