ブログ

Synthesis of a zigzag carbon nanobelt

Synthesis of a zigzag carbon nanobelt

Kwan Yin Cheung, Kosuke Watanabe, Yasutomo Segawa,* and Kenichiro Itami*

Nature Chem. 2021, DOI: 10.1038/s41557-020-00627-5

ChemRxiv, DOI: 10.26434/chemrxiv.12324353.v1

カーボンナノチューブ(CNT)の構造選択的精密合成は、材料科学の分野で長年求められている。CNTの部分構造に対応する芳香族分子「カーボンナノベルト(CNB)」は、CNT伸長のテンプレートとして注目されている。3種類のCNB(アームチェア型、キラル型、ジグザグ型)の中で、ジグザグ型CNBは最も合成が難しいとされてきた。今回我々は、ジグザグCNBの合成、単離、構造解析を行った。合成は、酸素架橋部位の還元的芳香族化とDiels-Alder反応を繰り返すことで達成した。理論計算で予測された通り、このCNBは安定な化合物として単離された。ジグザグCNBの構造はX線結晶構造解析によって完全に同定され、分光学的測定によって広いエネルギーギャップと青色蛍光特性が明らかになった。3種類のCNBの合成戦略が揃ったことで、CNTの精密合成に向けて大きく前進した。

Image by Issey Takahashi (ITbM)

分子科学研究所 瀬川研HPはこちら

 

関連記事

  1. MEDCHEM NEWS 28-2号 創薬最前線 –…
  2. Origin of the Size-Dependent Flu…
  3. 炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  4. Synthesis of Multiply Arylated P…
  5. Dehydrogenative Synthesis of 2,2…
  6. Late-Stage C–H Coupling Enables …
  7. Iridium Catalysis for C-H Bond A…
  8. カーボンナノリング:最短のカーボンナノチューブ

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins
This endpoint has been retired

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

最近の記事

  1. NameWat…

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP