ブログ

Hindered Biaryls by C–H Coupling: Bisoxazoline-Pd Catalysis Leading to Enantioselective C–H Coupling

Kazuya Yamaguchi, Junichiro Yamaguchi, Armido Studer, and Kenichiro Itami

Chem. Sci, 2012in press. DOI:10.1039/C2SC20277H

 

C–Hアリール化による嵩高いヘテロビアリール合成:新規Pd触媒の開発と不斉反応への展開

典型的なビアリール骨格の構築法である鈴木−宮浦カップリングにおいて、嵩高いビアリール化合物を合成するには、優れた配位子による加速効果が必要である。一方で、有機金属反応剤を用いないC–H結合直接アリール化反応が、理想的なビアリール骨格の構築法として近年盛んに研究が行われている。しかしながら、未だ反応性に乏しく、嵩高いビアリール骨格を構築し得る反応例は少ない。

今回、当研究室で開発したパラジウム触媒によるチオフェン類とアリールボロン酸とのC4位選択的なC–Hアリール化反応を基盤として、嵩高いヘテロビアリール骨格の構築を様々な配位子を用いて検討を行なった。その結果、ビスオキサゾリン配位子を用いた場合、劇的な反応加速効果がみられ、嵩高いアリールボロン酸においても良好な収率でチオフェンのC4位選択的に反応が進行することを見出した。さらにキラル配位子を用いた不斉反応へと展開し、不斉C–Hビアリールカップリング反応の開発にも成功した。

関連記事

  1. Synthesis and Structural Feature…
  2. Origin of the Size-Dependent Flu…
  3. Aromatic C–H Borylation by Nicke…
  4. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  5. Synthesis of Cycloiptycenes from…
  6. 炭素─水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  7. A Non-alternant Aromatic Belt: M…
  8. A General Catalyst for the β-Sel…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP