ブログ

Nickel-Catalyzed Aromatic C–H Functionalization

“Nickel-Catalyzed Aromatic C–H Functionalization”

Yamaguchi, J*; Muto, K.; Itami, K. Top Cure Chem, 2016,  374, 1. DOI:10.1007/s41061-016-0053-z

触媒的直接C-H官能基化反応は予め官能基化せずに複雑化合物の炭素ー炭素結合や炭素ーヘテロ元素結合を構築する新しい手法であるため、多くの有機化学者の注目を集めています。最近、銅、鉄、コバルトやニッケルなど安価な遷移金属の触媒的利用がされています。この総説では、最近のニッケル触媒を用いた芳香環のC–H官能基化反応について、反応形式とカップリング剤に分けて紹介しています。さらに、いくつかの反応機構について解説、芳香環C–H官能基化反応の天然物や医薬品などへの合成的活用についても述べています。

関連記事

  1. 全フッ素化カーボンナノリングの合成
  2. Construction of Covalent Organic…
  3. Oxidative C–H/C–H Coupling of Az…
  4. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  5. Selective Synthesis of [12]Cyclo…
  6. Design and Synthesis of Carbon N…
  7. Topological molecular nanocarbon…
  8. Synthesis of Open-Shell Ladder π…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP