ブログ

Late‐Stage Functionalization of Arylacetic Acids by Photoredox‐Catalyzed Decarboxylative Carbon–Heteroatom Bond Formation

Yota Sakakibara, Eri Ito, Tomohiro Fukushima, Kei Murakami, Kenichiro Itami
Chem. Eur. J. 2018
, Early view. DOI:10.1002/chem.201802143.

医農薬を直接的に変換する手法の開発は、新しい生物活性分子の発見を加速します。 今回、生物活性化合物の重要構造であるアリール酢酸の新しい変換法を見つけました。本反応では、光触媒による脱炭酸を伴ってカップリングが進行します。導入できる置換基としてはイミド基やカルボキシ基などがあり、高い官能基許容性を示します。同様の反応条件下で、安全な塩素化剤TBACl(テトラブチルアンモニウムクロリド)を用い、脱炭酸クロロ化も可能です。本手法により、医薬品や天然物の誘導体合成が可能になりました。

関連記事

  1. 炭素-水素結合直接変換を鍵とする生物活性物質の合成
  2. Synthesis of Thiophene-Based TAK…
  3. C–H Functionalization of Azines
  4. Catalytic Dehydrogenative C–H Im…
  5. Pd-Catalyzed Direct C–H Bond Fun…
  6. カーボンナノリング:最短のカーボンナノチューブ
  7. MEDCHEM NEWS 28-2号 創薬最前線 –…
  8. Decarbonylative C–H Coupling of …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP