ブログ

Chemical hijacking of auxin signaling with an engineered auxin–TIR1 pair

Naoyuki Uchida, Koji Takahashi, Rie Iwasaki, Ryotaro Yamada, Masahiko Yoshimura, Takaho A Endo, Seisuke Kimura, Hua Zhang, Mika Nomoto, Yasuomi Tada, Toshinori Kinoshita, Kenichiro Itami, Shinya Hagihara,* Keiko U Torii*

Nat. Chem. Biol. 201814, 299–305. DOI: 10.1038/nchembio.2555

オーキシンはインドール酢酸に代表される小分子であり、主に植物の成長を制御している。今回我々はbump-and-hole(凸凹)法にもとづき、天然オーキシンにベンゼン環を導入した凸オーキシンと、これに特異的に結合する凹受容体を開発した。凸オーキシンは天然の受容体に結合せず、野生型の植物に凸オーキシンを作用させてもオーキシン応答を誘導しない。この凸オーキシン−凹受容体ペアを用いることで、オーキシン応答の人工制御が可能である。我々の開発した凸凹ペアは、植物科学分野における研究ツールとしての利用だけでなく、将来的には農業分野への展開も期待される。

プレスリリース

Highlighted in …
Mainichi Shimbun
Crop Biotech Update
Earth.comScience Newsline Biology

関連記事

  1. Synthesis of A Heptaarylisoquino…
  2. Electro-Activated Conductivity a…
  3. Synthesis and Racemization Proce…
  4. All-benzene Carbon Nanocages: Si…
  5. Nickel-Catalyzed Biaryl Coupling…
  6. Palladium-Catalyzed Carbon-Carbo…
  7. A Quintuple [6]Helicene with a C…
  8. Decarbonylative C–H Coupling of …

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP