ブログ

Catalytic Methods for Aromatic C–H Amination: An Ideal Strategy for Nitrogen-Based Functional Molecules

Jiao Jiao, Kei Murakami, Kenichiro Itami

ACS Catal. 2016, 6, 610-633. DOI: 10.1021/acscatal.5b02417

アリールアミン骨格は機能性材料や生物活性物質など多くの機能分子に見られる非常に重要な構造である。近年、アリールアミンの次世代合成法として芳香族化合物の炭素−水素(C–H)結合を直接的にアミノ化する反応が研究されている。本総説論文では発展の著しい触媒的な芳香環アミノ化を紹介する。

 

関連記事

  1. Synthesis of a carbon nanobelt
  2. Dragmacidin D Synthesis of Dragmacidin D via D…
  3. Synthesis, Structure, and Electr…
  4. Synthesis and Properties of Cycl…
  5. Annulative π-Extension (APEX): A…
  6. Recent advances in acetylene-bas…
  7. Design and Synthesis of Carbon N…
  8. Catalytic Dehydrogenative C–H Im…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP