ブログ

Synthesis of Cycloparaphenylenes and Related Carbon Nanorings: A Step toward the Controlled Synthesis of Carbon Nanotubes

Haruka Omachi, Yasutomo Segawa, and Kenichiro Itami

Acc. Chem. Res. 2012, ASAP. DOI: 10.1021/ar300055x


本総説では、カーボンナノリング類の合成に関する我々の研究:
(1) シクロパラフェニレン(CPP)の自在合成および迅速合成
(2) キラルカーボンナノリングの合成
(3) シクロ-1,4-ナフチレン(CN)の合成
について紹介している。これらカーボンナノリングは、アームチェア型もしくはキラル型カーボンナノチューブの部分骨格であり、直径・長さ・側面構造を完全に制御したカーボンナノチューブ合成の鋳型となる潜在的可能性を秘めている。

 

関連記事

  1. Rapid Access to Nanographenes an…
  2. ナノグラフェンのボトムアップ合成を指向した多環性芳香族炭化水素の…
  3. Key Structural Elements of Unsym…
  4. A grossly warped nanographene an…
  5. Iridium Catalysis for C-H Bond A…
  6. Palladium-catalyzed tetraallylat…
  7. Annulative π-Extension (APEX): A…
  8. Thiophene-Based, Radial π-Conjug…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP