ブログ

Mechanistic Studies on the Pd-catalyzed Direct C-H Arylation of 2-Substituted Thiophene Derivatives with Arylpalladium Bipyridyl Complexes

Marc Steinmetz, Kirika Ueda, Stefan Grimme, Junichiro Yamaguchi, Sylvia Kirchberg, Kenichiro Itami, and Armido Studer

Chem. Asian J. 2012, Early View. DOI: 10.1002/asia.201101011

 

4-フェニル誘導体と5-フェニル誘導体を形成するため、アリール(ビピリジル)パラジウム錯体と2-エチルチオフェンまたは2-クロロチオフェンとの直接フェニル化反応において、様々なルイス酸を添加剤として用いた化学量論的な検討を行った。この検討結果から、カチオン性パラジウム種を経由 して反応が進行することと、対アニオンが位置選択性の鍵であるということが示唆された。またDFT計算において、求電子パラジウム化ではなくカルボパラデーションを経由したC–C結合形成の関与を支持する結果が得られ、チオフェンのアリール化反応における位置選択性の発現を明らかにする手がかりとなっ た。

 

関連記事

  1. Laterally π-Extended Dithia[6]he…
  2. Cycloparaphenylene-Based Ionic D…
  3. Diversity-oriented synthesis of …
  4. Direct Arylation of Polycyclic A…
  5. Thiophene-Fused π-Systems from D…
  6. Concise Synthesis and Crystal St…
  7. Synthesis of A Heptaarylisoquino…
  8. test

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP