ブログ

ナノグラフェンのボトムアップ合成を指向した多環性芳香族炭化水素の直接アリール化反応

Yasutomo Segawa and Kenichiro Itami

Catalysts & Catalysis, 2012, 54, 409-413.


ナノグラフェンの構成単位である多環性芳香族炭化水素の炭素水素結合部位に直接アリール基を導入する反応は、ナノグラフェンの選択的伸長に応用できる最も理想的な方法である。本稿では、最近我々が見出した酢酸パラジウム・オルトクロラニル触媒系による直接アリール化反応を中心に解説している。

 

関連記事

  1. カーボンナノリング:最短のカーボンナノチューブ
  2. Synthesis, Properties, and Cryst…
  3. Synthesis of Open-Shell Ladder π…
  4. The AMOR Arabinogalactan Sugar C…
  5. A Quintuple [6]Helicene with a C…
  6. Origin of the Size-Dependent Flu…
  7. Design and Synthesis of Carbon N…
  8. Reversible modulation of circadi…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP