ブログ

山田 圭悟

【Name】
山田 圭悟

【E-mail】

yamada.keigo.v2@s.mail.nagoya-u.ac.jp

【Research Interest】

効率的な奇数員環の構築法の開発

【Comment】

伊丹研 現七員環担当者

Education and Experience
2015年4月-2019年3月:学部学生
金沢大学理工学域応用化学コース
2019年4月-2021年3月:博士前期課程
名古屋大学理学研究科物質理学(化学系)専攻 (伊丹健一郎教授)
2021年4月-現在:博士後期課程
名古屋大学理学研究科物質理学(化学系)専攻 (伊丹健一郎教授)
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2022年7月-9月
イギリス・オックスフォード大学へ短期留学 (Harry L. Anderson 教授)

【Recent Presentation】

国際会議における発表
1. ○Keigo Yamada, Wataru Matsuoka, Maciej Krzeszewski, Hideto Ito, and Kenichiro Itami “Synthesis of Various Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by Annulative π-Extension Reactions” The 3rd IRCCS – The 2nd Reaction Infography Joint International Symposium: “Reaction Imaging Meets Materials Science”, P-61, NAGOYA, Japan, Jan. 31th, 2020 (ポスター)
2.○Keigo Yamada, Iain A. Stepek, Wataru Matsuoka, Hideto Ito, and Kenichiro Itami “Rational design and efficient synthesis of seven-membered ring-containing nanocarbons” The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2021, Virtual symposium by Zoom, Dec. 18th, 2021 JST
3. ○Keigo Yamada, Iain A. Stepek, Wataru Matsuoka, Hideto Ito, and Kenichiro Itami “Efficient synthesis of seven-membered ring-containing nanocarbons by Pd catalyzed intramolecular cyclization” 19th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA), P228, Warsaw, Poland (Online), Jul. 3rd, 2022.

国内学会・シンポジウム等における発表
1. ○関 健斗, U. V. Subba Reddy, 山田 圭悟, 古山 渓行, 奥山 祐子, 權垠相, 関 千草, 上井 幸司, 常盤 峻士, 竹下 光弘, 中野 博人「新規ジアミノアルコール有機分子触媒的不斉アルドール反応を用いる光学活性 Tryptanthrin類の全合成 」第114回有機合成シンポジウム,O-26,早稲田大学 国際会議場, 東京,2018年11月6日 (口頭)
2. ○山田 圭悟, 松岡 和, Maciej Krzeszewski, 伊藤 英人, 伊丹 健一郎「Synthesis of Various Polycyclic Aromatic Hydrocarbons by Annulative π-Extension Reactions」統合物質第5回国内シンポジウム, P-01, 北海道大学 札幌キャンパス, 北海道, 2019年11月18日 (ポスター)
3. ○山田 圭悟, 松岡 和, 伊藤 英人, 伊丹 健一郎「含七員環芳香族化合物の自在合成法の開発」Exciting Organic Chemistry with Light – GTR/ITbM Chemistry Workshop 2019, P10, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2019年12月2日 (ポスター)
4. ○山田 圭悟, 松岡 和, 伊藤 英人, 伊丹 健一郎「Development of novel synthetic methods for non-hexagonal nanocarbons」2019年度 GTR年次報告会, P-307, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2020年1月9日 (ポスター)
ポスター賞受賞 伊丹研記事はこちら
5. ○山田圭悟, 松岡和, 伊藤英人, 伊丹健一郎「含七員環多環芳香族化合物の効率的合成を指向した触媒反応開発」日本化学会第100春季年会, 4H8-33, 東京理科大学野田キャンパス, 2020年3月25日(口頭)
6. ○山田圭悟, Iain A. Stepek, 松岡和, 伊藤英人, 伊丹健一郎「Development of novel synthetic methods for polycyclic aromatic compounds containing seven-membered ring」2020年度 GTR年次報告会, P-308, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2021年1月8日 (ポスター)
7. ○山田圭悟, Iain A. Stepek, 松岡和, 伊藤英人, 伊丹健一郎「含七員環ナノカーボンの合理的設計と自在合成法の開発」日本化学会第101春季年会, A10-1am-08, オンライン開催, 2021年3月19日(口頭)
8. ○山田圭悟, Iain A. Stepek, 松岡和, 伊藤英人, 伊丹健一郎「Construction of seven-membered rings having polyaromatics by palladium-catalyzed intramolecular C-H/C-Br coupling」2021年度 GTR年次報告会, P-209, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2022年1月7日 (ポスター)
9. ○山田圭悟, Iain A. Stepek, 松岡和, 伊藤英人, 伊丹健一郎 「含七員環ナノカーボンの効率的合成を指向した触媒反応開発」第54回有機金属若手の会 夏の学校, P88, 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場, 兵庫, 2022年06月28日(ポスター)
10. ○Keigo Yamada, Iain A. Stepek, Wataru Matsuoka, Hideto Ito, and Kenichiro Itami “New synthetic methods of nanocarbons containing seven-membered ring” 2022年度 GTR年次報告会, P-109, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2023年1月7日(ポスター)
11.○山田 圭悟, Iain A. Stepek, 松岡 和, 伊藤英人, 伊丹 健一郎 “New synthetic methods for polycyclic aromatic compounds containing seven-membered ring” ITbM Workshop 2023, P-112, 名古屋大学 東山キャンパス, 愛知, 2023年05月31日(ポスター)
12.○千原七瀬、前川海斗、山田圭悟、伊丹健一郎、伊藤英人 “ジベンゾシクロオクタテトラオン等価体の開発と含八員環ラダー分子・ポリマーの合成” 第33回基礎有機化学討論会、1P063、岡山コンベンションセンター、岡山、2023年9月12日(ポスター)
弟子の千原さんがポスター賞を受賞しました!
伊丹研記事はこちら
13. ○山田圭悟、Iain A. Stepek、松岡和、伊藤英人、伊丹健一郎 “触媒的C–H活性化による含七員環ナノカーボンの合成” 第33回基礎有機化学討論会、1A08、岡山コンベンションセンター、岡山、2023年9月12日(口頭)

【Publications】

(1) Synthesis of Heptagon-Containing Polyarenes by Catalytic C–H Activation
Keigo E. Yamada, Iain A. Stepek, Wataru Matsuoka, Hideto Ito,* Kenichiro Itami*
Angew. Chem. Int. Ed. 2023, in press, e202311770. DOI: 10.1002/anie.202311770. [detail]

名古屋大学プレスリリースはこちら
日本の研究.comプレスリリースはこちら
伊丹研記事はこちら

著者ら写真: 左から伊藤英人准教授、Iain A. Stepek博士、山田圭悟、松岡和博士(現 北海道大学助教)、伊丹健一郎教授

総説・解説
(1)Construction of Heptagon‐Containing Molecular Nanocarbons
Chaolumen, Iain A. Stepek, Keigo E. Yamada, Hideto Ito, Kenichiro Itami
Angew. Chem., Int. Ed. 2021, 60, 23508–23532. DOI: 10.1002/anie.202100260

【Awards & Remarks】

2020年1月 2019年度 GTR年次報告会 ポスター賞
2020年5月 名古屋大学卓越大学院プログラム RA
2021年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2023年9月 第14回大津会議フェロー選出 (大津会議No.223) 伊丹研記事はこちら

【Photo】

2019 研究室旅行(同期との写真)

2022 留学先オックスフォード大学にて(左:メンターJake Holmes氏、中: 自分、 右: Harry L. Anderson教授)

関連記事

  1. Kathryn Chepiga
  2. Richard Maceiczyk
  3. 金田 岳志
  4. 中室 貴幸
  5. Katherine Lynn Bay
  6. Mina Narouz
  7. 吉田 英恵
  8. 吉村 柾彦

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP