鈴木 真

   スクリーンショット 2016-04-01 13.49.45
Name
鈴木 真 (Suzuki Shin)
E-mail
suzuki.shin”at”b.mbox.nagoya-u.ac.jp
Comment
実験と飲み会が大好きです!
ついにD3、頑張ります!
Research Interest
プログラム合成 (programmed synthesis)、多置換芳香族化合物

 

Publication
(1)「Synthesis and characterization of hexaarylbenzenes with five or six different
      substituents enabled by programmed synthesis」
        Suzuki S.; Segawa, Y.; Itami, K.; Yamaguchi, J. Nature Chem. 2015, 7, 227.
        HAB50
(2)「Ligand Promoted meta-C–H chlorination of Anilines and Phenols
       Shi, H.; Wang, P.; Suzuki, S.; Farmer, M. E.; Yu, J.-Q. J. Am. Chem. Soc 2016, 138, 14876.
(3)「Synthesis of Fully Arylated (Hetero)arenes
       Suzuki S.; Yamaguchi, J. Chem. Commun. 2017, 53, 1568.
(4)「Synthesis of Multiply Arylated Pyridines
       Asako, T.; Hayashi, W.; Amaike, K.; Suzuki S.; Itami, K.; Muto, K.; Yamaguchi, J.
       Tetrahedron. 2017, 73, 3669.
(5)  「Synthesis of Octaaryl Naphthalenes and Anthracenes with Different Substituents」
        Suzuki S.; Itami, K.; Yamaguchi, J. Angew. Chem., Int. Ed. 2017, Accepted article.
        DOI: 10.1002/anie.201709332

Presentation
(1) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
「ヘキサアリールベンゼンのプログラム合成法の開発」
日本化学会第94春季年会、4B4-11、愛知、2014年3月
(2) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
「マルチアリール化アレーンのプログラム合成法の開発」
日本化学会第95春季年会、1E4-09、千葉、2015年3月
(3) 鈴木真・山口潤一郎・伊丹健一郎
「Programmed Synthesis of Multiply Arylated Aromatics」
日本化学会第97春季年会(口頭B)、2F1-37、神奈川、2017年3月 “学生講演賞”

 

Poster
(1) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
第4回統合物質シンポジウム P45 北海道大学2013年10月31日
(2) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
第5回統合物質シンポジウム 、P71 、名古屋大学、 2014年12月19日
(3) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
OMCOS18、スペイン、2015年6月
(4) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
IGER2015年次報告会、G35、名古屋大学、2016年1月
(5) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Multiply Arylated Arenes”
IGER/ITbM Chemistry Workshop 2016、14、名古屋大学、2016年12月
“Poster Award (selected by Assoc. Prof. Rei Kinjo)”
(6) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Multiply Arylated Arenes”
IGER2016年次報告会、G45、名古屋大学、2017年1月
Overseas Education
Jun. 2016 – Aug. 2016  Jin-Quan Yu Lab. in the Scripps Research Institute
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-15-05-26

 

 

 

関連記事

  1. 梶野 智敬
  2. 熊澤 一将
  3. Julian Fliege
  4. 金师鉴 (Shijian Jin)
  5. 木村 一生
  6. 南保 正和
  7. 森 進
  8. 天池 一真

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP