Blog

Shin Suzuki

スクリーンショット 2016-04-01 13.49.45

Name
鈴木 真 (Suzuki Shin)
E-mail
suzuki.shin”at”b.mbox.nagoya-u.ac.jp
Comment
実験と飲み会が大好きです!!!
いたみけん、飲み会隊長!!!
Research Interest
プログラム合成 (programmed synthesis)、多置換芳香族化合物
Publication
「Synthesis and characterization of hexaarylbenzenes with five or six different
 substituents enabled by programmed synthesis」
Suzuki S.; Segawa, Y.; Itami, K.; Yamaguchi, J. Nature Chem. 2015, 7, 227.
HAB50
Presentation
(1) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
「ヘキサアリールベンゼンのプログラム合成法の開発」
日本化学会第94春季年会、4B4-11、愛知、2014年3月
(2) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
「マルチアリール化アレーンのプログラム合成法の開発」
日本化学会第95春季年会、1E4-09、千葉、2015年3月
Poster
(1) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
第4回統合物質シンポジウム P45 北海道大学2013年10月31日
(2) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
第5回統合物質シンポジウム 、P71 、名古屋大学、 2014年12月19日
(3) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
OMCOS18、スペイン、2015年6月
(4) 鈴木真・瀬川泰知・山口潤一郎・伊丹健一郎
“Programmed Synthesis of Hexaarylbenzene by C-H Coupling”
IGER2015年次報告会、G35、名古屋大学、2016年1月

Related post

  1. Matthew Robinson
  2. Christina Meyer
  3. Jerome Canivet
  4. Kwan Yin Cheung
  5. Mina Narouz
  6. Katherine Lynn Bay
  7. Manami Muraki
  8. Shuichi Yanagisawa

Twitter@Itami Lab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

This error message is only visible to WordPress admins
This endpoint has been retired

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.

Click here to troubleshoot

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP