上原 貴大


Name

Takahiro Uehara
E-mail
uehara.takahiro[あっとまーく]h.mbox.nagoya-u.ac.jp
Research Interest
Synthetic Study of Bioactive Compounds
Publication
(1) Palladium-Catalyzed C–H and C–N Arylation of Aminothiazoles with Arylboronic Acids
Takahiro N. Uehara, Junichiro Yamaguchi and Kenichiro Itami, Asian J. Org. Chem2013. 2, 938–
942.    DOI:10.1002/ajoc.201300172
Most Read Article on Novenber, 2013 
Highlighted in Wiley Science Cafe
Highlighted in Chemistry Views
(2) Programmed Synthesis of Arylthiazoles through Sequential C–H Couplings
 Satoshi Tani, Takahiro N. Uehara, Junichiro Yamaguchi and Kenichiro Itami, Chem. Sci2014, 5,
123-135
DOI: 10.1039/C3SC52199K
Most Read Article on October, 2013
(3) 2,4- and 2,5-Disubstituted Arylthiazoles: Rapid Synthesis by C–H Coupling and Biological
Evaluation
Lilia Lohrey, Takahiro N. Uehara, Satoshi Tani, Junichiro Yamaguchi, Hans-Ulrich Humpf and
Kenichiro ItamiEur. J. Org. Chem. 2014. 16, 3387.
Presentation
[Oral]
(1) 上原貴大、谷聡、関澤裕美、山口潤一郎、伊丹健一郎 “生物活性物質の合成を指向した2-アミノチアゾールの
C4選択的C–Hアリール化反応の開発” 日本化学会第92春季年会 3K8-44 慶應義塾大学 神奈川 2012年3月
(2) 上原貴大、山口潤一郎、伊丹健一郎、“パラジウム触媒を用いた2-アミノチアゾールのC–H及びC–Nアリール
化反応の開発” 日本化学会第94春季年会, 1B3-03, 愛知, 2014年3月
(3) 上原貴大、水谷佳幸、桑田啓子、高尾早織、瀧京美、佐藤綾人、木下俊則、伊丹健一郎、山口潤一郎、中道
範人、“小分子による植物の生物時計の制御と機構解明” 新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標
的と活性制御」地区ミニシンポジウム, 東京, 2016年3月
[Poster]

 

(1) 上原貴大、谷聡、山口潤一郎、伊丹健一郎、’’アリールチアゾールのプログラム合成’’第29回有機合成化学セミナー, P-10, 静岡, 2012年9月

(2) 上原貴大、谷聡、山口潤一郎、伊丹健一郎 ’’Programmed Synthesis of Triarylthiazoles through C–H Couplings’’ The 14th Joint Seminar-University of Münster and Nagoya University, P-21, Aichi, 2012年10月

(3) 上原貴大、谷聡、山口潤一郎、伊丹健一郎、’’Programmed Synthesis of Triarylthiazoles through C–H Couplings’’ 2nd International Symposium on Molecular Activation, A01-12, Nara, 2012年11月

(4) 上原貴大、谷聡、山口潤一郎、伊丹健一郎、’’Programmed Synthesis of Triarylthiazoles through C–H Couplings’’ The 12th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry, PB-057, Kyoto, 2012年11月

(5) 上原貴大、山口潤一郎、伊丹健一郎、’’Pd-Catalyzed C–H/C–N Arylation of 2-Aminothiazoles’’

The 15th Joint Seminar-University of Münster and Nagoya University, P-20, Aichi, 2013年5月

(6) 上原貴大、山口潤一郎、伊丹健一郎、”パラジウム触媒を用いた2-アミノチアゾールのC–H/C–Nアリール化反応” 第46回有機金属若手の会 P96 宮城蔵王ロイヤルホテル 宮城 2013年7月

(7) ○上原貴大、高尾早織、木下俊則、伊丹健一郎、山口潤一郎、中道範人、“Synthetic compounds that alter plant circadian clock and flowering time
” グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2014年度年次報告会, G-44, 愛知, 2015年1月

(8) ○上原貴大、高尾早織、木下俊則、伊丹健一郎、山口潤一郎、中道範人、“植物の生物時計制御分子の合成及び作用機構解明研究” 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会, P-049, 宮城, 2015年6月

(9) ○上原貴大、水谷佳幸、桑田啓子、高尾早織、瀧京美、佐藤綾人、木下俊則、伊丹健一郎、山口潤一郎、中道範人、“Mechanism elucidation in plant circadian clock by circadian clock modulator” グリーン自然科学国際教育研究プログラム IGER 2015年度年次報告会, G-44, 愛知, 2016年1月

Award

ITbM Research Award (2013.10) さすがおれ
東海支部長賞 (2014.2)どうだ!!
IGER年次報告会ポスター賞 (2016.1) やったぜ
Comment
パセリは食べ物です。かかかかかっかっかかかkっ!
おしりがどちらかといえば、出ているほうです!よく出してます
うえ〜
とりこになっちゃうチョコレート募集してます。2/14とか最高です
うえ、ちゃん。。。
ちょっとドイツ行ってました!ドイツでは〜(2016.6~2016.7)

 

関連記事

  1. Timothy Chiaan Wang (王嘉安)
  2. 小林 千紗
  3. Anna Junker
  4. 武藤 慶
  5. 太田 雅紀
  6. Christoph Rosorius
  7. 木村 一生
  8. Friederike Sibbel

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

Instagram@Itami Lab

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP