Itami Organic Chemistry Laboratory, Nagoya University

名古屋大学大学院理学研究科 有機化学研究室(伊丹研究室)

 

Prof. Kenichiro Itami

Posted by admin On May - 30 - 2009

CV of Prof. Itami (PDF)

名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 教授
名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 拠点長
〒464-8602 名古屋市千種区不老町
E-mail: itami@chem.nagoya-u.ac.jp, Phone/Fax: 052-788-6098
教授室:理農館518号室

【経歴】 1990年4月〜1994年3月 京都大学工学部合成化学科(生越 久靖 教授)
1994年4月〜1996年3月 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻修士課程(伊藤 嘉彦 教授)
1996年4月〜1998年7月 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻博士後期課程(伊藤 嘉彦 教授)
1996年4月〜1998年7月 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
1997年4月〜1998年3月 スウェーデン、ウプサラ大学留学 (Prof. Jan-E. Backvall)
1998年8月〜1998年9月 日本学術振興会特別研究員 (PD)
1998年10月〜2005年1月 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 助手(吉田 潤一 教授)
2005年2月〜2008年5月 名古屋大学物質科学国際研究センター 准教授(野依 良治 特別教授)
2005年10月〜2009年3月 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員
2008年6月〜(現在) 名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 教授
2012年12月〜(現在) 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 拠点長(兼任)
2013年10月〜(現在) 科学技術振興機構 ERATO 伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 研究総括(兼任)

【受賞・栄誉】

2015年 Arthur C. Cope Scholar Award, American Chemical Society

2015年 Swiss Chemical Society Lectureship Award

2014年 Nankai University Lectureship Award

2014年 The Aldrich Lecture, Emory University
2014年 The JSPS Prize
2013年 Novartis Chemistry Lectureship Award
2013年 Mukaiyama award
2013年 Asian Rising Star Award, Asian Chemical Congress
2012年 Fellow of the Royal Society of Chemistry, UK
2012年 ドイツイノベーションアワード2012
2012年 Novartis-MIT Lecturer in Organic Chemistry
2011年 ACP Lectureship Award, China
2011年 ACP Lectureship Award, Malaysia
2011年 野副記念奨励賞
2011年 武漢大学 海外特別教授
2008年 Merck-Banyu Lectureship Award
2007年 Banyu Young Chemist Award
2006年 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2005年 三井化学 第 1 回触媒科学奨励賞
2005年 日本化学会 進歩賞
2004年 Thieme Journals Award
2000年 有機合成化学協会 研究企画賞(日産化学工業)

【学術誌の編集、コンサルティング、その他】

2006年〜  三井化学株式会社 研究コンサルティング
2008年〜  Canadian Journal of Chemistry誌(カナダ化学会) Editorial Advisory Board
2008〜2009年 科学技術振興機構 戦略的創造的研究推進事業 ERATO 評価委員
2009年〜  トヨタ自動車株式会社 研究コンサルティング
2009年   京都大学客員教授
2010年〜  Organic & Biomolecular Chemistry誌(英国王立化学会) Editorial Board
2012年〜   Beilstein Journal of Organic Chemistry誌 Associate Editor
2012年〜  ChemCatChem誌 International Advisory Board
2013年〜  Chemistry – An Asian Journal誌 International Advisory Board
2013年〜  Bulletin of the Chemical Society of Japan (Senior Editor)

【専門分野】

有機化学、有機合成化学、分子触媒化学

【研究内容】

有機合成における新戦略
分子触媒化学に立脚した有機分子変換法の開拓
生理活性物質、天然有機化合物の合成
光電子機能性物質の合成
新規ナノカーボン物質の合成

【所属学会】

日本化学会、有機合成化学協会、近畿化学協会、ケイ素化学協会、アメリカ化学会

【発表論文】

論文リスト参照

【招待・依頼講演】

招待・依頼講演リスト参照

【インタビュー】

伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつであるChem-StationAuthor Profile (Angew. Chem. Int. Ed.)

CV of Prof. Itami (PDF)

Department of Chemistry, Graduate School of Science, Nagoya University

WPI-ITbM, Nagoya University

Address: Furo-cho, Chikusa-ku, Nagoya 464-8602, Japan

Phone/Fax: +81-52-788-6098

E-mail: itami.kenichiro@a.mbox.nagoya-u.ac.jp

 

EDUCATION AND EXPERIENCE

1990.4~1994.3   Undergraduate Student

Department of Synthetic Chemistry, Kyoto University (Prof. Hisanobu Ogoshi)

1994.4~1996.3   Graduate Student (Master Course)

Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University (Prof. Yoshihiko Ito)

1996.4~1998.7   Graduate Student (Doctor Course)

Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University (Prof. Yoshihiko Ito)

 

1996.4~1998.7   JSPS Research Fellow (DC1)

1997.4~1998.3   Exchange Student (Uppsala Univ, Sweden: Prof. Jan-E. Backvall)

1998.8~1998.9   JSPS Research Fellow (PD)

 

1998.10~2005.1   Assistant Professor

Department of Synthetic Chemistry and Biological Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University (Prof. Jun-ichi Yoshida)

2005.2~2008.5   Associate Professor

Research Center for Materials Science, Nagoya University (Prof. Ryoji Noyori)

2005.10~2009.3  PRESTO Researcher

Japan Science and Technology Agency, PRESTO Program

2008.6~present   Professor

Department of Chemistry, Graduate School of Science, Nagoya University

2012.12~present  Director

WPI-ITbM, Nagoya University

2013.10~present  Research Director

JST, ERATO, Itami Molecular Nanocarbon Project

 

AWARDS AND HONORS

2014 Nankai University Lectureship Award

2014 The Aldrich Lecture, Emory University

2014 The JSPS Prize

2013 Novartis Chemistry Lectureship Award

2013 Mukaiyama award

2013 Asian Rising Star Award, Asian Chemical Congress

2012 Fellow of the Royal Society of Chemistry, UK

2012 German Innovation Award 2012

2012 Novartis-MIT Lecturer in Organic Chemistry

2011 ACP Lectureship Award, China

2011 ACP Lectureship Award, Malaysia

2011 Nozoe Memorial Award for Young Organic Chemists

2011 Overseas Distinguished Professor of Wuhan University, China

2008 Merck-Banyu Lectureship Award

2007 Banyu Young Chemist Award

2006 Minister Award for Distinguished Young Scientists

2005 Mitsui Chemicals Catalysis Science Award of Encourangement

2005 The Chemical Society of Japan Award for Young Chemists

2004 Thieme Journal Award

2000 Nissan Chemical Industries Award in Synthetic Organic Chemistry, Japan

 

EDITORIAL BOARD

2008~present Canadian Journal of Chemistry (Advisory Board)

2011~present Organic & Biomolecular Chemistry, RSC (Editorial Board)

2012~present Beilstein Journal of Organic Chemistry (Associate Editor)

2012~present ChemCatChem (International Advisory Board)

2013~present Chemistry – An Asian Journal (International Advisory Board)

2013-present Bulletin of the Chemical Society of Japan (Senior Editor)

 

RESEARCH FIELDS

Organic Chemistry, Organic Synthesis, Molecular Catalysis Chemistry

 

RESEARCH INTERESTS AND SCIENTIFIC ACTIVITIES

The main emphasis of his research is on the development of new synthetic methods, strategies, and concepts to solve challenging synthetic problems for realizing ideal chemical synthesis and for generating as-yet unexplored molecules of significant interest. Representative projects include (1) ideal chemical synthesis through C-H bond transformation, (2) rapid synthesis of pharmaceutically relevant molecules and natural products, (3) synthesis and properties of optoelectronic materials, and (4) controlled bottom-up synthesis of structurally uniform nanocarbons such as carbon nanotubes, graphenes, and fullerenes. During the last four years, he has delivered 70 invited lectures. The accomplishments of his research group have been highlighted more than 60 times in various newspapers, media, and journals during the last five years.

VIDEO

TAG CLOUD

Links

About Us

Itami Laboratory, Nagoya University
自然に感動し、分子を愛し、夢を語る、
有機化学者でありたい
人に感謝される、かけがえのない
「ものづくりの匠」でありたい
分子をつなげ価値を生み、人をつなげ輪を生む、
研究室でありたい
これが私たちの思いである

Twitter

    Photos

    鈴木真君ベンゼン変幻自在最後の休日一昨麺やマルショーいしまんじらーめん師弟でプレパラCCHFボウリング会場目薬がないので…敦史ボロ勝ち御年賀!fromみたむーらさんありがとーございます!どーしても我慢できず大晦日2014夜ご飯マイアミビーチ!海鮮ちらし寿司ぱつんぱつん