ブログ

C–H Functionalization of Azines

, , ,

Chem. Rev. 2017, ASAP. DOI: 10.1021/acs.chemrev.7b00021

生物活性物質や機能性分子に多く含まれるアジン(ピリジンに代表される窒素が環に含まれる6員環芳香環)の官能基化の研究が、盛んに行われている。本総説論文では、アジン類の直接的官能基化について紹介する。

関連記事

  1. Decarbonylative C–H Coupling of …
  2. Nickel-Catalyzed C-H Arylation o…
  3. A theoretical study on the strai…
  4. A Water-soluble Warped Nanograph…
  5. Key Mechanistic Features of Ni-c…
  6. Synthesis of Thiophene-Based TAK…
  7. C-H Arylation of Phenanthrene wi…
  8. 2,4- and 2,5-Disubstituted Arylt…

Twitter@Itamilab

Itami Lab Facebook

最近の記事

Flickr@Itamilab

天池先輩からコーヒースープ伴夫妻からのお歳暮です!潤さん、宮村さん、ありがとうございます!!武藤さん、ビールありがとうございます!平賀大都わーいやなさん、あつしさん、ありがとうございます!!だいぶ前だけど、Stripes look #ootdHalloween lookラインを洗う時ですら格好良く。戸谷先生教育実習!imageけいしゅう、誕生日おめでとう!誕生日は英吉家!!3年生に名古屋ぼろ勝ちアピール中!!アリシア卒業おめでとう女子会!
PAGE TOP